数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
New二重積分について(0) | New原点を中心とする単位円上の複素数(0) | UpDate幾何学(1) | UpDate論理式(3) | NewQ=10√KL をグラフにする(0) | Nomal二次方程式(2) | Nomal積と和が一致する自然数の組(4) | Nomalグラムシュミット(0) | Nomal大学数学(1) | Nomal共分散行列(0) | Nomal大学数学(0) | Nomal素数(6) | Nomal確率 統計の問題(0) | Nomalフェルマの小定理(1) | Nomal大学線形(0) | Nomal大学線形(0) | Nomal大学数学 4次多項式 フェラーリの解法(1) | Nomal漸化式(1) | Nomal最大公約数(0) | Nomal和の求め方がわかりません。(3) | Nomal業界最も人気(0) | Nomalベイズ更新について(0) | Nomal無限積分(2) | Nomal三角関数の極限(1) | Nomal極限(3) | Nomal約数(2) | Nomal約数(2) | Nomal順列組合せ〜区別するものしないもの(6) | Nomal場合の数(2) | Nomal数的推理(2) | Nomal三角形の辺の長さ(6) | Nomal単位円と三角形(1) | Nomal1/xについて(2) | Nomal調べた確率がどれくらい信用できるかを求めたい(0) | Nomal命題の真偽(8) | Nomal期待値(13) | Nomal因数分解(2) | Nomal√の問題(2) | Nomal極形式(6) | Nomaltanと自然数(2) | Nomalα^52(2) | Nomal放物線の標準形(4) | Nomal循環小数(2) | Nomal四角形の辺の長さ(2) | Nomalコラッツ予想について(2) | Nomal三角形の角(3) | Nomal有理数と素数(1) | Nomal円と曲線(3) | Nomalフィボナッチ数列について。(0) | Nomal導関数の定義について(2) | Nomal楕円曲線(1) | Nomallog(1+x)<√x(4) | Nomal円と3次関数(4) | NomalΣと積分の交換(3) | Nomalcos(1)とtan(1/2)(2) | Nomal合成数(2) | Nomal積分について(2) | Nomal因数分解(4) | Nomal2次関数(1) | Nomal常用対数と桁数の関係(2) | Nomal(削除)(2) | Nomal行列を含む偏微分(0) | Nomalカタラン数(4) | Nomal無限級数(1) | Nomalスーパコピーvog.agvol.com/brand-70-c0.html ボーイロンドンブラドスパーピー(0) | Nomalかんたんなフェルマーの最終定理の証明(19) | Nomal写像の問題です。(0) | Nomal離散数学 有向グラフの問題(0) | Nomal原始関数問題(1) | Nomal三角形と円の関係について(0) | Nomal|e^(icosθ)|、|e^(isinθ)|について(2) | Nomal大学数学 重積分(0) | Nomal簡単な論理式〜変な質問ですみませんが・・・(2) | Nomal割り算(1) | Nomal確率の問題です。大至急お願い致します(0) | Nomal整数解(7) | Nomal全ての 整数解 等(4) | Nomal完璧なのコピーbuytowe(0) | Nomal素数(1) | Nomal指数計算の練習(2) | Nomal微分積分(0) | Nomalテイラー展開(0) | Nomal合同式(1) | Nomalエルミート行列(0) | Nomal【大学数学】貨幣需要関数(0) | Nomal陰関数(0) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(6) | Nomal統計学(0) | Nomalベクトル空間(0) | Nomal複素数の三角不等式(引き算)(2) | Nomal微分の問題(0) | Nomal体積(1) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(z=x+rとおく方法)(1) | Nomal微分可能(2) | Nomalチェビシェフ 偏差値(0) | Nomal線形代数(1) | Nomal複素積分(2) | Nomalテイラー展開(2) | Nomal線形変換(1) | Nomal大学数学 線形代数 部分空間の証明(0) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■50557 / 親記事)  陰関数
□投稿者/ s 一般人(1回)-(2020/11/19(Thu) 10:57:01)
    実数 x, y, z に対して, 関数 f(x, y, z) および g(x, y, z) を
    f(x, y, z) = x + y + z,
    g(x, y, z) =e^x + e^2y + e^3z − 3
    で定義する. このとき陰関数定理により,
    x = 0 の近傍で定義された滑らかな関数
    y = φ(x)
    および z = ψ(x) が存在して
    f(x, φ(x), ψ(x))=
    g(x, φ(x), ψ(x))= 0, φ(0) = ψ(0) = 0
    が成り立つ. 以下の問に答えよ.
    (1) 上の記述において陰関数定理が用いられているが, その定理を適用するための仮定が
    満たされていることを説明せよ.
    (2) φ′(0) および ψ′(0) を求めよ.
    (3) φ および ψ を x = 0 のまわりで有限マクローリン展開して
    φ(x) = a0 + a1x + a2x^2 +δφ(x)x^2
    , limx→0δφ(x) = 0
    ψ(x) = b0 + b1x + b2x^2 + δψ(x)x^2
    , limx→0δψ(x) = 0
    とするとき, 係数 a0, a1, a2, b0, b1, b2 の値を求めよ.

    学校の課題がどうしてもわからないです。まず正則を示さないといけないですか?一問だけでもわかる人いたら教えて下さい!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50544 / 親記事)  フェルマーの最終定理の証明
□投稿者/ 日高 一般人(2回)-(2020/11/14(Sat) 09:36:45)
    【定理】n≧3のとき、x^n+y^n=z^nは自然数解x,y,zを持たない。
    【証明】x^n+y^n=z^nを、z=x+rとおいてx^n+y^n=(x+r)^n…(1)とする。
    (1)をr^(n-1){(y/r)^n-1}=an{x^(n-1)+…+r^(n-2)x}(1/a)…(2)と変形する。
    (2)はa=1、r^(n-1)=nのとき、x^n+y^n=(x+n^{1/(n-1)})^n…(3)となる。
    (2)はa=1以外、r^(n-1)=anのとき、x^n+y^n=(x+(an)^{1/(n-1)})^n…(4)となる。
    (3)はrが無理数なので、有理数解を持たない。(4)の解は(3)の解のa^{1/(n-1)}倍となる。
    ∴n≧3のとき、x^n+y^n=z^nは自然数解x,y,zを持たない。

    【定理】n=2のとき、x^n+y^n=z^nは自然数解x,y,zを持つ。
    【証明】x^2+y^2=z^2を、z=x+rとおいてx^2+y^2=(x+r)^2…(1)とする。
    (1)をr{(y/r)^2-1}=a2x(1/a)…(2)と変形する。
    (2)はa=1、r=2のとき、x^2+y^2=(x+2)^2…(3)となる。
    (2)はa=1以外、r=a2のとき、x^2+y^2=(x+a2)^2…(4)となる。
    (3)はrが有理数なので、有理数解を持つ。(4)の解は(3)の解のa倍となる。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス6件(ResNo.2-6 表示)]
■50550 / ResNo.2)  Re[2]: フェルマーの最終定理の証明
□投稿者/ 日高 一般人(3回)-(2020/11/17(Tue) 09:43:35)
    間違いでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50551 / ResNo.3)  Re[3]: フェルマーの最終定理の証明
□投稿者/ らすかる 一般人(4回)-(2020/11/17(Tue) 12:53:47)
    当然です。大勢の人がそう言っていますよね。
    理解できないのはあなただけです。
    いくら説明しても理解できないのですから、
    「どこが間違いですか」と聞かれても返答しません。
    あなたが「論理」について勉強しない限り、
    間違いがわかることは一生ありません。
    あなたのやっていることは数学ではなく
    「素人目に一見数学の証明っぽく見えるような
    数式を羅列している」だけです。
    もう一般向けの掲示板に書き込まず、
    一人でHPを立ち上げてやって下さい。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50552 / ResNo.4)  Re[4]: フェルマーの最終定理の証明
□投稿者/ 日高 一般人(4回)-(2020/11/17(Tue) 20:13:43)
    間違いの指摘は、していただけないということですね。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50555 / ResNo.5)  Re[5]: フェルマーの最終定理の証明
□投稿者/ らすかる 一般人(5回)-(2020/11/17(Tue) 23:23:48)
    指摘しても理解できない(しかも理解するために勉強しようともしない)ことが今までの経緯から明らかな相手に説明する気はありません。
    数式以前に、論理が分かっていないのが致命的です。
    論理が分かっていない人に証明は不可能です。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50556 / ResNo.6)  Re[6]: フェルマーの最終定理の証明
□投稿者/ 屁留真亜 一般人(2回)-(2020/11/18(Wed) 13:14:58)
    ttps://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/math/1605313191/

    に相手をしてくれる人がいっぱいいるじゃないか。そこに引きこもっていなさい。

    ttp://www.2chan.net/

    でも相手してくれる人がいるかも知れない。ま、くれぐれも数学者にメールなど送らないように。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50548 / 親記事)  統計学
□投稿者/ ら 一般人(1回)-(2020/11/14(Sat) 21:28:53)

    統計学の宿題でこの問題の解決方法を教えて頂きたいです

    船が港に到着すると、水中ロボットが船体の外側を掃除して、海の生き物、海藻、汚れを取り除きます。ロボットには、船の鋼鉄の船体を這うことができる磁気ホイールがあります。このように船体を滑らかにすることで、次の航海で約8%の燃料を節約できます。船が出港する前に清掃を完了できることが重要です。

    (a)(3マーク)貨物の荷降ろしと荷積みにかかる時間は22.7時間です。ロボット(タイプA)は、船の片側を掃除し、次に反対側を掃除します。洗浄時間は船体の汚れの量に依存し、通常、船の片側で平均9.3時間、標準偏差1.6時間で分布します。船の2番目の側の時間も、通常、平均9.3時間、標準偏差1.6時間で分布しています。そして、0.85の相関係数で最初の側にかかる時間と相関しています。貨物が荷降ろしおよび再荷積みされる前に、ロボットが船体の清掃を終了する確率はどれくらいですか?

    (b)(3マーク)貨物の荷降ろしと再荷積みにかかる時間は、貨物の量によって異なり、通常、平均22.7時間、標準偏差2.1時間で分布します。ロボット(タイプB)は、平均19.6時間、標準偏差2.4時間の正規分布の時間で、船の両側を清掃します。貨物が荷降ろしおよび再荷積みされる前に、ロボットが船体の清掃を終了する確率はどれくらいですか?質問は続きました。船が空の港に到着したら、出発する前に積み込む必要があり、積み込むのに10.5時間かかります。船体の清掃には、両側に1つずつ、合計2台のロボットが使用されます。

    (c)(2マーク)各ロボット(タイプC)のクリーニング時間は、通常、平均8.3時間、標準偏差1.2時間で分布しており、これらの時間は互いに独立しています。船の両側が10.5時間で清掃され、出発の準備が整う確率はどれくらいですか?

    (d)(2マーク)各ロボット(タイプD)の洗浄時間は、平均8.3時間で指数分布しており、これらの時間は互いに独立しています。船の両側が10.5時間で清掃され、出発の準備が整う確率はどれくらいですか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50545 / 親記事)  ベクトル空間
□投稿者/ 5xx 一般人(1回)-(2020/11/14(Sat) 13:39:02)
    Vは(R上の)ベクトル空間,v1=u1,v2=u1+u2,v3=u1+u2+u3とする. u1, u2, u3 が V の基底のとき, v1, v2, v3 が V の基底になることを示せ。

    v1, v2, v3 が 1 次独立かつVを生成することを示せばいいと思うのですが、c1v1+c2v2+c3v3=0としてv1、v2、v3を代入して計算したりしたのですがよく理解出来てないのかこの先が曖昧になってしまいます。まず、この考え方が間違っているのでしょうか?お時間ある際にお答え頂けると幸いです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■50541 / 親記事)  複素数の三角不等式(引き算)
□投稿者/ Megumi 一般人(14回)-(2020/11/11(Wed) 18:42:34)
     複素数 z、w に対し
      |z|-|w|≦|z+w| ・・・・・(※)
    が成り立つと思うのですが
      z = i, w = 2 のとき
      |z|-|w| = |i|-|2| = -1
      |z+w| = |i-2| = √5
      ∴|z|-|w|<|z+w|
    と確かに(※)は成り立っています。しかし、
      1/(|z|-|w|) = -1
      1/|z+w| = 1√5
    なので
      1/|z+w|≦1/(|z|-|w|)
    は成り立ちませんよね。(※)の逆数の不等式が成り立つには
      |z|-|w|>0かつ|z|-|w|≦|z+w|⇒1/|z+w|≦1/(|z|-|w|)
    で、いいのでしょうか?

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■50542 / ResNo.1)  Re[1]: 複素数の三角不等式(引き算)
□投稿者/ X 一般人(4回)-(2020/11/13(Fri) 05:07:49)
    その通りです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50543 / ResNo.2)  Re[2]: 複素数の三角不等式(引き算)
□投稿者/ Megumi 一般人(15回)-(2020/11/13(Fri) 21:56:05)
    ありがとうございました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター