数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate原始関数問題(1) | Nomal三角形と円の関係について(0) | Nomal|e^(icosθ)|、|e^(isinθ)|について(2) | Nomal大学数学 重積分(0) | Nomal簡単な論理式〜変な質問ですみませんが・・・(2) | Nomal割り算(1) | Nomal確率の問題です。大至急お願い致します(0) | Nomal整数解(7) | Nomal全ての 整数解 等(4) | Nomal完璧なのコピーbuytowe(0) | Nomal素数(1) | Nomal指数計算の練習(2) | Nomal微分積分(0) | Nomalテイラー展開(0) | Nomal合同式(1) | Nomalエルミート行列(0) | Nomal【大学数学】貨幣需要関数(0) | Nomal陰関数(0) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(6) | Nomal統計学(0) | Nomalベクトル空間(0) | Nomal複素数の三角不等式(引き算)(2) | Nomal微分の問題(0) | Nomal体積(1) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(z=x+rとおく方法)(1) | Nomal微分可能(2) | Nomalチェビシェフ 偏差値(0) | Nomal線形代数(1) | Nomal複素積分(2) | Nomalテイラー展開(2) | Nomal線形変換(1) | Nomal大学数学 線形代数 部分空間の証明(0) | Nomal証明問題(1) | Nomal一次結合と一次独立(0) | Nomal証明問題です(0) | Nomalz^5 = -1 を解く(2) | Nomal空間上の点(2) | Nomal複素関数の部分分数分解(4) | Nomal熱力学の本に出てくる式変形がわかりません。(0) | Nomalピタゴラス数の求め方(0) | Nomal二項定理を使ったピタゴラスの定理の証明(0) | Nomal二項定理を使ったフェルマーの最終定理の証明(0) | Nomal2次方程式(3) | Nomal数学A 図形の計算(0) | Nomalある式の微分における式変形について(2) | Nomal3次元空間の点(2) | Nomal線形代数」(0) | Nomal統計学の問題(0) | Nomal(削除)(3) | Nomal1/(z^2-1) を z = 1 でローラン展開する。(2) | Nomal無限等比級数について(2) | Nomalcosの不等式(2) | Nomal品質の服(0) | Nomal複素平面上の円(2) | Nomal積分の解き方について(0) | Nomal期待値(2) | Nomal3の個数(7) | Nomal複素数の関数(5) | Nomal分数関数の積分(2) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomalベクトルについて。(0) | Nomalベクトル解析(1) | Nomal線形代数 証明(0) | Nomalベクトル解析のスカラー場について(2) | Nomalフーリエ展開とフーリエ変換(0) | Nomal加速度の次元と速度の次元(1) | Nomal弘前大学 2010年度 理系 過去問です。(1) | Nomal第2可算公理(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明9(25) | Nomal線形代数(0) | Nomal確率論 幾何分布(0) | Nomal大学数学 確率論(0) | Nomal線形代数 行列(0) | Nomal無限和(2) | Nomal大学一年 線形代数(1) | Nomal大学で出された行列の課題がわかりません。(1) | Nomal広義積分(0) | Nomal 至急この問題を解説していただきたいです(0) | Nomal有理数(1) | Nomal論理関数(0) | Nomal正規分布(0) | Nomal問題を解いた物を送ってください(0) | Nomal陰関数の問題(0) | Nomal最小費用流問題(0) | Nomalこの問題分かりません(0) | Nomal数列の一般項(2) | Nomal統計学 二項分布(0) | Nomal連立微分方程式(1) | Nomal連立方程式(3) | Nomal解析学(2) | Nomal行列のn乗(1) | Nomal色々な方法 で(0) | Nomal初期値問題(1) | Nomal解析学(1) | Nomal統計学 確率密度関数 分布関数 確率(0) | Nomal統計学についての質問(3) | Nomal対数尤度関数について!(0) | Nomal関数について(0) | Nomal最小公倍数とはちがいますが。。(2) | Nomal論理を教えて下さい(12) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■50191 / 親記事)  高校の範囲での証明
□投稿者/ 窓々 一般人(1回)-(2019/12/02(Mon) 23:42:14)
    nは自然数、xは正の数のとき
    (x^n/n!)* e^(x/(n+1)) +Σ[k=0,n-1] x^k/k! ≦ e^x 
    の証明って高校ではどうやるんでしたっけ?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■50192 / ResNo.1)  Re[1]: 高校の範囲での証明
□投稿者/ m 一般人(2回)-(2019/12/03(Tue) 12:18:14)
    2019/12/03(Tue) 12:23:08 編集(投稿者)
    2019/12/03(Tue) 12:22:03 編集(投稿者)

    (★ は証明略。)

    (左辺) - (右辺)
    とおきを帰納法で示す。

    で成り立つと仮定しで成り立つことを示す。

    だからを示せばok

    ★よりだから

    より
    (上の右辺)
    帰納法の仮定により

    だいぶ省略してるので補完してください。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50193 / ResNo.2)  Re[2]: 高校の範囲での証明
□投稿者/ 窓々 一般人(2回)-(2019/12/05(Thu) 12:43:35)
    有り難うございます。
    微分したものと帰納法でけっこう複雑だったのですね。
解決済み!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50188 / 親記事)  この表の見方を教えてください。
□投稿者/ aa 一般人(1回)-(2019/11/27(Wed) 20:42:33)
    この表の見方を教えてください。
4718592×4292935818 => 0×250

IMG_5374.PNG
/51KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50187 / 親記事)  ヒルベルト空間
□投稿者/ はう 一般人(1回)-(2019/11/27(Wed) 17:09:09)
    どなたか解答を作っていただけませんか・・・?

1574842149.jpeg
/26KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50186 / 親記事)  $D_n$加群のフーリエ変換と関数のフーリエ変換との関係について
□投稿者/ おじゃん 一般人(1回)-(2019/11/25(Mon) 20:16:25)
    変数のWeyl代数とし,を変数に関する微分作用素とします.
    加群に対し,そのフーリエ変換に対するの作用
    ,

    と定めた左加群として定義されています.
    つまり,フーリエ変換前と後で
    ,

    という対応関係があるように見えます.

    ところが,例えば1変数関数のフーリエ変換を考えると,
    ,

    となり,
    ,

    という対応関係があるように見え,加群のフーリエ変換を考えたときには出てこなかった虚数単位が出てきてしまいます.

    これら2種類のフーリエ変換は何らかの関係で結び付けられているのでしょうか?
    もしくは,似たような変換なのでフーリエという名前がついているだけで,実際に行っている操作には何ら対応関係は無いのでしょうか?
    お答えいただけると幸いです.
引用返信/返信 [メール受信/ON]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■50180 / 親記事)  群の問題
□投稿者/ もけ 一般人(1回)-(2019/11/20(Wed) 21:00:49)
    (G,・)を半群とする
    Gの任意の元g,hに対して、あるGの元i,jが存在し、
    g・i=h
    j・g=h
    が成立する。
    (G,・)が群であることを示せ。

    この問題がわかりません…どなたか教えてください
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■50181 / ResNo.1)  Re[1]: 群の問題
□投稿者/ ast 一般人(1回)-(2019/11/20(Wed) 21:41:00)
    2019/11/20(Wed) 21:45:32 編集(投稿者)

    [0] は半群だから結合法則はOK
    [i] は任意だから特にのときを考えると, そのときのに対してを考えればとなり, 任意のに対してが成り立つことになるので, 定義によりこのの単位元. (以降この単位元をと書くことにする)
    [ii] 上と同様にのときを考えると, そのときのに対してを考えればとなり, に対してが成り立つことになるので, 定義によりこのの逆元.
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50182 / ResNo.2)  Re[2]: 群の問題
□投稿者/ もけ 一般人(2回)-(2019/11/20(Wed) 22:46:44)
    返信ありがとうございます。二つ質問させていただきたいのですが、
    @単位元の証明で、ijを考えるとi=jがどういうステップを踏んでいるのかがわかりません。
    A単位元の証明で、これで証明したことは、あくまで「任意のg∈Gに対して、あるi∈Gが存在し、gi=ig=g」であり、単位元の定義である「あるi∈Gが存在し、任意のg∈Gに対して、gi=ig=g」ではない気がします。あると任意のの順番が変わるのはアウトだった気がします。
    大変恐縮ですが、ご返事頂けると嬉しいです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50183 / ResNo.3)  Re[3]: 群の問題
□投稿者/ ast 一般人(2回)-(2019/11/20(Wed) 23:03:03)
    そうですね, おっしゃる通りだいぶ勘違いしたようです. すみません.
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50184 / ResNo.4)  Re[4]: 群の問題
□投稿者/ m 一般人(1回)-(2019/11/21(Thu) 01:24:01)
    単位元の存在のみ示します。
    を一つ固定する。
    仮定よりが成り立つ。
    このに対し、が成り立つ。
    (∵をとる。仮定よりで、
    )
    同様にしてとなるが存在する。
    このときよりが単位元。

    どうでしょう。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50185 / ResNo.5)  Re[5]: 群の問題
□投稿者/ もけ 一般人(3回)-(2019/11/21(Thu) 16:47:57)
    これなら良さそうですね、ありがとうございます!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター