数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
New一次結合と一次独立(0) | Nomal証明問題です(0) | Nomalz^5 = -1 を解く(2) | Nomal空間上の点(2) | Nomal複素関数の部分分数分解(4) | Nomal熱力学の本に出てくる式変形がわかりません。(0) | Nomalピタゴラス数の求め方(0) | Nomal二項定理を使ったピタゴラスの定理の証明(0) | Nomal二項定理を使ったフェルマーの最終定理の証明(0) | Nomal2次方程式(3) | Nomal数学A 図形の計算(0) | Nomalある式の微分における式変形について(2) | Nomal3次元空間の点(2) | Nomal線形代数」(0) | Nomal統計学の問題(0) | Nomal自然対数 e について(3) | Nomal1/(z^2-1) を z = 1 でローラン展開する。(2) | Nomal無限等比級数について(2) | Nomalcosの不等式(2) | Nomal品質の服(0) | Nomal複素平面上の円(2) | Nomal積分の解き方について(0) | Nomal期待値(2) | Nomal3の個数(7) | Nomal複素数の関数(5) | Nomal分数関数の積分(2) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomalベクトルについて。(0) | Nomalベクトル解析(1) | Nomal線形代数 証明(0) | Nomalベクトル解析のスカラー場について(2) | Nomalフーリエ展開とフーリエ変換(0) | Nomal加速度の次元と速度の次元(1) | Nomal弘前大学 2010年度 理系 過去問です。(1) | Nomal第2可算公理(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明9(25) | Nomal線形代数(0) | Nomal確率論 幾何分布(0) | Nomal大学数学 確率論(0) | Nomal線形代数 行列(0) | Nomal無限和(2) | Nomal大学一年 線形代数(1) | Nomal大学で出された行列の課題がわかりません。(1) | Nomal広義積分(0) | Nomal 至急この問題を解説していただきたいです(0) | Nomal有理数(1) | Nomal論理関数(0) | Nomal正規分布(0) | Nomal問題を解いた物を送ってください(0) | Nomal陰関数の問題(0) | Nomal最小費用流問題(0) | Nomalこの問題分かりません(0) | Nomal整数解(2) | Nomal数列の一般項(2) | Nomal統計学 二項分布(0) | Nomal連立微分方程式(1) | Nomal連立方程式(3) | Nomal全ての 整数解 等(0) | Nomal解析学(2) | Nomal行列のn乗(1) | Nomal色々な方法 で(0) | Nomal初期値問題(1) | Nomal解析学(1) | Nomal統計学 確率密度関数 分布関数 確率(0) | Nomal統計学についての質問(3) | Nomal対数尤度関数について!(0) | Nomal関数について(0) | Nomal最小公倍数とはちがいますが。。(2) | Nomal論理を教えて下さい(12) | Nomal三次方程式(2) | Nomal消火栓からの流量を何立米/sにしたら良いのでしようか?水理学、流体力学(2) | Nomal線形代数(0) | Nomal極限(0) | Nomalボルスク・ウラムの定理の証明(0) | Nomalなぜ2乗? 内積の意味は??(4) | Nomal素数(0) | Nomalデルタ関数に関する問題(0) | Nomal正三角形と半円(2) | Nomal不等式(2) | Nomal漸化式(0) | Nomal確率における情報(17) | Nomal統計学の質問(0) | Nomal確率変数(0) | Nomal複数の点によって構成される多角形を相互の距離情報から類推する方法(6) | Nomal正射影再び(笑)(4) | Nomal正射影:正三角形→2等辺三角形(2) | Nomal球面上の2つの円の重なっている部分の面積(0) | Nomal三角法(0) | Nomal大学数学です(0) | Nomal三角形(2) | Nomal数列の疑問(2) | Nomal素数積の評価〜ベルトラン・チェビシェフの定理(5) | Nomaleの極限(2) | Nomal積分(0) | Nomal四角形の極限(2) | Nomalベルトラン・チェビシェフの定理について。(2) | Nomalcosの積分の評価(0) | Nomal動点の確率(2) | Nomalsinの不等式(4) | Nomal極大と変曲(4) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■49788 / 親記事)  等角写像の問題です。
□投稿者/ にゃー 一般人(1回)-(2019/07/22(Mon) 21:01:59)
    円C:|z-1| の内部を第一象限に移す等角写像を1つ求めたいのですが、やり方がわかりません…。 単位円と上半平面の等角写像がポイントなのかなと勝手に思っているのですが…。 どなたかご教示いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■49789 / ResNo.1)  Re[1]: 等角写像の問題です。
□投稿者/ にゃー 一般人(3回)-(2019/07/22(Mon) 21:54:49)
    訂正 円C:|z-1|=1 です。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49812 / ResNo.2)  Re[2]: 等角写像の問題です。
□投稿者/ nakaiti 付き人(57回)-(2019/07/25(Thu) 19:41:16)
    あなたのところでの等角写像の定義はどのようになっていますか?普通に考えるとそのような等角写像は存在しないはずです。あまり厳密ではありませんがその理由は以下の通りです。

    仮にそのような等角写像が存在したとしてそれを w=f(z) としましょう。f による C の像は第一象限の境界である実軸の非負の部分と虚軸の上半分をつなげた折れ線 L になるはずで、特に原点に移される C の点 z0 が存在します。f は等角写像なので z0 における C の角度である 180°は保存されるはずですが、実際は 90°に変化してしまっています。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■49806 / 親記事)  掲示板について。
□投稿者/ コルム 一般人(2回)-(2019/07/24(Wed) 18:01:48)
    excelやwordの質問ができる掲示板を知らないでしょうか?教えてgoo を退会してしまったもので。すみません。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■49807 / ResNo.1)  Re[1]: 掲示板について。
□投稿者/ マルチポスト撲滅委員会 一般人(6回)-(2019/07/24(Wed) 19:45:14)
     例の Excel 掲示板でWord に関する質問をして叩き出されたんだなw

     知恵袋で質問するんだな。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■49791 / 親記事)  フェルマーの定理 RSA暗号
□投稿者/ yui 一般人(1回)-(2019/07/22(Mon) 22:49:20)
    フェルマーの小定理がRSA暗号による通信を可能にしている理由を教えていただけないでしょうか(/_;)
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■49793 / ResNo.1)  Re[1]: フェルマーの定理 RSA暗号
□投稿者/ 偽日高 一般人(26回)-(2019/07/23(Tue) 01:19:37)
    No49791に返信(yuiさんの記事)
    > フェルマーの小定理がRSA暗号による通信を可能にしている理由を教えていただけないでしょうか(/_;)

    tsujimotter.hatenablog.com/entry/rsa
    でも読めば?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■49648 / 親記事)  フェルマーの最終定理の簡単な証明6
□投稿者/ 日高 ベテラン(239回)-(2019/07/14(Sun) 14:43:00)
    7/14証明ファイルです。
1240×1754 => 177×250

16_p001.png
/38KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス101件(ResNo.97-101 表示)]
■49771 / ResNo.97)  Re[49]: フェルマーの最終定理の簡単な証明6
□投稿者/ 日高 大御所(283回)-(2019/07/20(Sat) 21:50:53)
    No49768に返信(マルチポスト撲滅委員会さんの記事)
    >   r^2{(y/r)^3 - 1} = 3(x^2+rx) ・・・・・ B
    > から勝手に
    >   r^2 = 3
    > とすることはできない。仮定より y/r は実数なのだから
    >   (y/r)^3 - 1 = 3, (y/r)^3 = 2
    > を満たす y/r は無数に存在する。よって以降の証明は何の価値もない。

    (y/r)^3 = 2を満たす y/r は無数に存在しますが、このことが、「以降の証明は何の価値もない。」ことにつながるのでしょうか?


    「勝手にr^2 = 3 とすることはできない。」どうしてでしょうか?

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49772 / ResNo.98)  Re[49]: フェルマーの最終定理の簡単な証明6
□投稿者/ 日高 大御所(284回)-(2019/07/20(Sat) 22:06:39)
    No49769に返信(偽日高さんの記事)
    > ■No49765に返信(日高さんの記事)
    > 参考とか書こうが全く同じ。繰り返し。解決してない。
    >
    > 2行目でx,y,zに関する条件を宣言したのだから、条件を満たす全てのx,y,zについて、それ以降の議論が出来なければならない。
    > ここで、x=1,y=1,z=2^(1/3)として、証明の議論が正しいか試してみる。
    > (うまくいっても、証明の正しさは保証されないが、うまくいかなければ、証明が間違っていることがわかる)
    >
    > 3行目からr=2^(1/3)-1である。
    > 5行目でr=3^(1/2)となると書いてある。
    > 従って、2^(1/3)-1=3^(1/2)である。
    > つまり証明は大間違い。
    >
    > r=3^(1/2)となる、としてら矛盾が出たので、r=3^(1/2)となる、が間違い。間違いを認めろ。
    > どうしてもこの値を使いたいなら、
    > 2行目より前に、r=3^(1/2)とし、としてrの定義を書き、zについては、z=x+rとする。と書け。
    >
    > 中学生向けの参考書は読んでいるか?

    「2行目より前に、r=3^(1/2)とし、としてrの定義を書き、zについては、z=x+rとする。と書け。」

    r=3^(1/2)ですが、R=2^(1/3)-1となります。


引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49773 / ResNo.99)  Re[47]: フェルマーの最終定理の簡単な証明6
□投稿者/ 日高 大御所(285回)-(2019/07/20(Sat) 22:27:36)
    No49770に返信(偽日高さんの記事)
    > ■No49753に返信(日高さんの記事)
    > yだけ有理数としても議論がおかしいのはまったく直らん。
    >
    > (*)方程式X^3+Y^3=Z^3の解が、x^3+y^3=(x+r)^3, z=x+rの解のa^(1/2)倍になる
    > が正しいとしても、X^3+Y^3=Z^3の「有理数」解がx^3+y^3=(x+r)^3の「yが有理数の解」のa^(1/2)倍で表せるわけではない。
    >
    > X^3+Y^3=Z^3の「有理数」解に対応するものは、x^3+y^3=(x+r)^3の「x,y,zが無理数だけど、x:yやy:zは有理数の解」である。
    >
    > つまり、「x,yは無理数で、x^3+y^3=(x+r)^3を満たす」ものを考えないと議論したことにならない。(*)を前提としても、yが有理数のものだけを考えればよいわけでなく、x,yが無理数のものも考えなければならない。
    >
    > もともとX^3+Y^3=Z^3の有理数解が無い範囲だけ調べて、「ここには解はありません!」などと言ったって、全体を探してないのだから証明として大間違い。
    > 間違いを認め、反省して取り下げて各所(今までメールや投稿で送り付けたところ全て)に謝っておとなしくしろ。

    「X^3+Y^3=Z^3の「有理数」解に対応するものは、x^3+y^3=(x+r)^3の「x,y,zが無理数だけど、x:yやy:zは有理数の解」である。」

    X^3+Y^3=Z^3の「有理数」解に対応するものは、

    X:Y:Z=x:y:zは、整数比ではないでしょうか?

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49774 / ResNo.100)  Re[48]: フェルマーの最終定理の簡単な証明6
□投稿者/ 悶える亜素粉 一般人(20回)-(2019/07/20(Sat) 22:58:15)
     おお! ついに100か。
     また、この戯けたスレは新たに続くのか!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49775 / ResNo.101)  Re[50]: フェルマーの最終定理の簡単な証明6
□投稿者/ s 一般人(32回)-(2019/07/20(Sat) 23:08:09)
    No49771に返信(日高さんの記事)
    > ■No49768に返信(マルチポスト撲滅委員会さんの記事)
    >>  r^2{(y/r)^3 - 1} = 3(x^2+rx) ・・・・・ B
    >>から勝手に
    >>  r^2 = 3
    >>とすることはできない。仮定より y/r は実数なのだから
    >>  (y/r)^3 - 1 = 3, (y/r)^3 = 2
    >>を満たす y/r は無数に存在する。よって以降の証明は何の価値もない。
    >
    > (y/r)^3 = 2を満たす y/r は無数に存在しますが、このことが、「以降の証明は何の価値もない。」ことにつながるのでしょうか?
    >
    >
    > 「勝手にr^2 = 3 とすることはできない。」どうしてでしょうか?
    >

    r^2 = 3という条件は定理の主張に書かれていないから。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-29] [30-39] [40-49] [50-59] [60-69] [70-79] [80-89] [90-99] [100-101]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■49662 / 親記事)  オイラーの公式
□投稿者/ mame 一般人(4回)-(2019/07/15(Mon) 00:14:30)
    すみません。こちらもお願いします。
640×480 => 250×187

image1.jpeg
/71KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■49664 / ResNo.1)  Re[1]: オイラーの公式
□投稿者/ らすかる 一般人(28回)-(2019/07/15(Mon) 05:01:22)
    写真の中に定理1の内容がないから(1)は無理

    (2)は下の図からただちに言えるけど
    計算で示すならtan{arctan(1/2)+arctan(1/3)}を
    tanの加法定理に従って計算すればよい
160×110

XYZ.GIF
/1KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49732 / ResNo.2)  Re[2]: オイラーの公式
□投稿者/ natsu 一般人(3回)-(2019/07/19(Fri) 11:32:58)
    No49664に返信(らすかるさんの記事)
    > 写真の中に定理1の内容がないから(1)は無理
    >
    > (2)は下の図からただちに言えるけど
    > 計算で示すならtan{arctan(1/2)+arctan(1/3)}を
    > tanの加法定理に従って計算すればよい

    こちらの計算をわかる方教えていただけないでしょうか
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49739 / ResNo.3)  Re[3]: オイラーの公式
□投稿者/ らすかる 一般人(30回)-(2019/07/19(Fri) 15:35:02)
    tanの加法定理の公式はご存知ありませんか?
    tanの加法定理の公式は
    tan(α+β)=(tanα+tanβ)/(1-tanαtanβ)
    です(符号反転版もあります)。
    tan{arctan(1/2)+arctan(1/3)}を計算するには、
    α=arctan(1/2), β=arctan(1/3)とすれば
    公式がそのまま使えます。
    当然おわかりと思いますが、
    tanα=tan{arctan(1/2)}=1/2
    tanβ=tan{arctan(1/3)}=1/3
    です。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター