数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate原始関数問題(1) | Nomal三角形と円の関係について(0) | Nomal|e^(icosθ)|、|e^(isinθ)|について(2) | Nomal大学数学 重積分(0) | Nomal簡単な論理式〜変な質問ですみませんが・・・(2) | Nomal割り算(1) | Nomal確率の問題です。大至急お願い致します(0) | Nomal整数解(7) | Nomal全ての 整数解 等(4) | Nomal完璧なのコピーbuytowe(0) | Nomal素数(1) | Nomal指数計算の練習(2) | Nomal微分積分(0) | Nomalテイラー展開(0) | Nomal合同式(1) | Nomalエルミート行列(0) | Nomal【大学数学】貨幣需要関数(0) | Nomal陰関数(0) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(6) | Nomal統計学(0) | Nomalベクトル空間(0) | Nomal複素数の三角不等式(引き算)(2) | Nomal微分の問題(0) | Nomal体積(1) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(z=x+rとおく方法)(1) | Nomal微分可能(2) | Nomalチェビシェフ 偏差値(0) | Nomal線形代数(1) | Nomal複素積分(2) | Nomalテイラー展開(2) | Nomal線形変換(1) | Nomal大学数学 線形代数 部分空間の証明(0) | Nomal証明問題(1) | Nomal一次結合と一次独立(0) | Nomal証明問題です(0) | Nomalz^5 = -1 を解く(2) | Nomal空間上の点(2) | Nomal複素関数の部分分数分解(4) | Nomal熱力学の本に出てくる式変形がわかりません。(0) | Nomalピタゴラス数の求め方(0) | Nomal二項定理を使ったピタゴラスの定理の証明(0) | Nomal二項定理を使ったフェルマーの最終定理の証明(0) | Nomal2次方程式(3) | Nomal数学A 図形の計算(0) | Nomalある式の微分における式変形について(2) | Nomal3次元空間の点(2) | Nomal線形代数」(0) | Nomal統計学の問題(0) | Nomal(削除)(3) | Nomal1/(z^2-1) を z = 1 でローラン展開する。(2) | Nomal無限等比級数について(2) | Nomalcosの不等式(2) | Nomal品質の服(0) | Nomal複素平面上の円(2) | Nomal積分の解き方について(0) | Nomal期待値(2) | Nomal3の個数(7) | Nomal複素数の関数(5) | Nomal分数関数の積分(2) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomalベクトルについて。(0) | Nomalベクトル解析(1) | Nomal線形代数 証明(0) | Nomalベクトル解析のスカラー場について(2) | Nomalフーリエ展開とフーリエ変換(0) | Nomal加速度の次元と速度の次元(1) | Nomal弘前大学 2010年度 理系 過去問です。(1) | Nomal第2可算公理(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明9(25) | Nomal線形代数(0) | Nomal確率論 幾何分布(0) | Nomal大学数学 確率論(0) | Nomal線形代数 行列(0) | Nomal無限和(2) | Nomal大学一年 線形代数(1) | Nomal大学で出された行列の課題がわかりません。(1) | Nomal広義積分(0) | Nomal 至急この問題を解説していただきたいです(0) | Nomal有理数(1) | Nomal論理関数(0) | Nomal正規分布(0) | Nomal問題を解いた物を送ってください(0) | Nomal陰関数の問題(0) | Nomal最小費用流問題(0) | Nomalこの問題分かりません(0) | Nomal数列の一般項(2) | Nomal統計学 二項分布(0) | Nomal連立微分方程式(1) | Nomal連立方程式(3) | Nomal解析学(2) | Nomal行列のn乗(1) | Nomal色々な方法 で(0) | Nomal初期値問題(1) | Nomal解析学(1) | Nomal統計学 確率密度関数 分布関数 確率(0) | Nomal統計学についての質問(3) | Nomal対数尤度関数について!(0) | Nomal関数について(0) | Nomal最小公倍数とはちがいますが。。(2) | Nomal論理を教えて下さい(12) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■49947 / 親記事)  2^(1/3)とωと√3
□投稿者/ おーうぇん 一般人(1回)-(2019/08/21(Wed) 19:39:45)
    ω=(-1+i√3)/2とします。ω^3=1です。
    以下の条件をみたす有理数a[1]〜a[6]、b[1]〜b[6]は存在しますか?
    √3={a[1]+a[2]2^(1/3)+a[3]4^(1/3)+a[4]ω+a[5]2^(1/3)ω+a[6]4^(1/3)ω}/{b[1]+b[2]2^(1/3)+b[3]4^(1/3)+b[4]ω+b[5]2^(1/3)ω+b[6]4^(1/3)ω}
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■49948 / ResNo.1)  Re[1]: 2^(1/3)とωと√3
□投稿者/ らすかる 一般人(1回)-(2019/08/21(Wed) 23:24:08)
    存在しません。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49949 / ResNo.2)  Re[2]: 2^(1/3)とωと√3
□投稿者/ おーうぇん 一般人(2回)-(2019/08/21(Wed) 23:40:18)
    なぜでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49950 / ResNo.3)  Re[3]: 2^(1/3)とωと√3
□投稿者/ らすかる 一般人(2回)-(2019/08/21(Wed) 23:41:54)
    2019/08/21(Wed) 23:50:51 編集(投稿者)

    条件を満たす有理数が存在した場合、a[1]〜a[6],b[1]〜b[6]全ての分母の
    最小公倍数をa[1]〜a[6],b[1]〜b[6]全てに掛けると
    係数が全て整数になるので、条件を満たす「互いに素な整数」
    a[1]〜a[6],b[1]〜b[6]が存在しないことを言えば十分。
    よってそのように仮定する。
    分母を払って
    a[1]+a[2]2^(1/3)+a[3]4^(1/3)+a[4]ω+a[5]2^(1/3)ω+a[6]4^(1/3)ω
    ={b[1]+b[2]2^(1/3)+b[3]4^(1/3)+b[4]ω+b[5]2^(1/3)ω+b[6]4^(1/3)ω}√3
    式が長いのでa[1]〜a[6]をa,b,c,d,e,f、b[1]〜b[6]をg,h,j,k,l,m、
    2^(1/3)をtに置き換えると(すなわち4^(1/3)=t^2)、
    a+bt+ct^2+ωd+ωet+ωft^2=(g+ht+jt^2+ωk+ωlt+ωmt^2)√3
    ωが掛かっている項とそうでない項を分けて
    a+bt+ct^2-(g+ht+jt^2)√3=ω{(k+lt+mt^2)√3-(d+et+ft^2)}
    右辺だけωが掛かっているため(左辺)=(右辺)=0でなければならない。すなわち
    a+bt+ct^2-(g+ht+jt^2)√3=0 … (1)
    かつ
    (k+lt+mt^2)√3-(d+et+ft^2)=0 … (2)
    (1)から
    a+bt+ct^2=(g+ht+jt^2)√3
    t^3=2であることに注意して両辺を2乗すると
    (a^2+4bc)+2(c^2+ab)t+(b^2+2ac)t^2=3{(g^2+4hj)+2(j^2+gh)t+(h^2+2gj)t^2}
    tについて整理して
    {a^2+4bc-3(g^2+4hj)}+2{c^2+ab-3(j^2+gh)}t+{b^2+2ac-3(h^2+2gj)}t^2=0
    補題から
    a^2+4bc-3(g^2+4hj)=0 … (3)
    c^2+ab-3(j^2+gh)=0 … (4)
    b^2+2ac-3(h^2+2gj)=0 … (5)
    (3)をmod4で考えるとa,gは偶数でなければならない。
    a,gが偶数なので、(5)をmod4で考えるとb,hも偶数でなければならない。
    a,b,g,hが偶数なので、(4)をmod4で考えるとc,jも偶数でなければならない。
    従ってa,b,c,g,h,jは全て偶数。
    全く同様に、(2)からd,e,f,k,l,mも全て偶数となり、仮定と矛盾。

    補題
    p,q,rが有理数でp+qt+rt^2=0…(a)(t=2^(1/3))のときp=q=r=0
    補題の証明
    pqr≠0と仮定して(a)をtの二次方程式とみてtについて解くと
    t={-q±√(q^2-4pr)}/(2r)
    となるが、左辺は三次の無理数、右辺は虚数または二次の無理数または有理数となり矛盾。
    従ってpqr=0なので、(簡単なので途中省略)p=q=r=0。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49951 / ResNo.4)  Re[4]: 2^(1/3)とωと√3
□投稿者/ おーうぇん 一般人(3回)-(2019/08/22(Thu) 06:52:32)
    じっくりと読ませていただきました。
    要領よく計算するだけでなく4で割った余りを見るなど大変面白く勉強になりました。
    有り難うございました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■49938 / 親記事)   supreme コート
□投稿者/ gdags 一般人(1回)-(2019/08/14(Wed) 11:43:38)
    本物と見分けがつかない本物と見分けがつかないwww.ochrance.cz/en/reports/case-law/

引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■49776 / 親記事)  フェルマーの最終定理の簡単な証明7
□投稿者/ 日高 大御所(286回)-(2019/07/21(Sun) 06:55:06)
    7/21どなたかご指摘いただけないでしょうか。
1240×1754 => 177×250

1563659706.png
/53KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス101件(ResNo.97-101 表示)]
■49890 / ResNo.97)  Re[38]: フェルマーの最終定理の簡単な証明7
□投稿者/ 月 一般人(12回)-(2019/08/07(Wed) 21:38:03)
    > すみません。理解できないので、詳しく教えていただけないでしょうか。

    p = 3 のとき,
    x^3 + y^3 = (x + 3^(1/2))^3 から
    x^3 + y^3 = x^3 + 3*3^(1/2)x^2 + 3*3x + 3*3^(1/2),
    (3*3x - y^3) + (x^2 + 1)3*3^(1/2) = 0
    よって 3*3x = y^3, x^2 = -1 です。
引用返信/返信 [メール受信/ON]
■49891 / ResNo.98)  Re[39]: フェルマーの最終定理の簡単な証明7
□投稿者/ 日高 大御所(340回)-(2019/08/08(Thu) 07:53:59)
    No49890に返信(月さんの記事)
    >>すみません。理解できないので、詳しく教えていただけないでしょうか。
    >
    > p = 3 のとき,
    > x^3 + y^3 = (x + 3^(1/2))^3 から
    > x^3 + y^3 = x^3 + 3*3^(1/2)x^2 + 3*3x + 3*3^(1/2),
    > (3*3x - y^3) + (x^2 + 1)3*3^(1/2) = 0
    > よって 3*3x = y^3, x^2 = -1 です。

    (3*3x - y^3)=0, (x^2 + 1)=0とすると、x^2 = -1となりますが、
    (3*3x - y^3)=-10, (x^2 + 1)3*3^(1/2)=+10の場合も有ります。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49892 / ResNo.99)  Re[40]: フェルマーの最終定理の簡単な証明7
□投稿者/ 悶える亜素粉 一般人(28回)-(2019/08/08(Thu) 10:01:27)
     この屑のような話題はこのスレで打ち止めにすること。

     絶対に次スレを立てないこと!!!!!!!!!!!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49893 / ResNo.100)  Re[41]: フェルマーの最終定理の簡単な証明7
□投稿者/ 日高 大御所(341回)-(2019/08/08(Thu) 10:48:46)
    No49892に返信(悶える亜素粉さんの記事)
    >  この屑のような話題はこのスレで打ち止めにすること。
    >
    >  絶対に次スレを立てないこと!!!!!!!!!!!

    どの部分が「屑のような話題」かを、教えていただけないでしょうか。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49894 / ResNo.101)  Re[1]: フェルマーの最終定理の簡単な証明7
□投稿者/ 呆れ顔 一般人(6回)-(2019/08/09(Fri) 21:44:35)
    2019/08/09(Fri) 21:54:19 編集(投稿者)

    もはや答える必要はない.
    このスレ主には中学・高校程度の最低限の自然な数理的な推論能力が備わっていない.
    「教える」という行為はコーチングとティーチングに大別されるが,どちらも無駄になる.

    今までの無駄なやり取りを見ればわかるように,無駄な質問を繰り返すだけのレス数乞食だ.
    こういう輩を放置すると,コミュニティの快適性が損なわれるだけだから早い段階で無視するべき.

    損益分岐の判断基準は,
    1:「質問内容にふさわしいだけの知識と論証能力のどちらも欠落している」←コーチング不能
    2:「足りていない知識とスキルを説明しても理解する様子もなく,自分で調べる努力すらしない」←ティーチング不能
    3:「論理的根拠もなく,正当性を示すだけの能力もないのに自説には信念がある」←妄想

    これらの条件を満たしているなら他の質問者への回答にリソースを回すほうが建設的.
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-29] [30-39] [40-49] [50-59] [60-69] [70-79] [80-89] [90-99] [100-101]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■49871 / 親記事)  目的の形への行列の三角化
□投稿者/ 鬼ちゃん 一般人(1回)-(2019/08/03(Sat) 18:44:03)
    3×3正方行列Aが
    A=[1, -1,1
    1, 0, -1
    -1, 0, 3]
    のように与えられているときに、A=P-1JPとなるような正則行列Pと三角行列J
    J=[a, 0, 0
    0, b, 1
    0, 0, b]
    があります。ここで、実数a,bの値とAを三角化するPを求めたいのですが、Aの固有値1, 2(1は重複度2)に対する固有ベクトルp1=(2, 1, 1)^t, p2=(1, 0, 1)^tを求め、この二つのベクトルと独立なベクトルp3を求めてP=[p1, p2, p3]として検算を行いましたが、P-1APは目標としていたような三角行列Jにならず困っています。p3の定め方によってPは変わり、またp1, p2, p3をPのどの列とするかによってもPは変わってしまうため、三角化の結果も変わってしまうと思うのですが、どのようにして解けばいいのでしょうか?
    よろしくお願いします。
1038×460 => 250×110

1564825443.jpg
/43KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■49873 / ResNo.1)  Re[1]: 目的の形への行列の三角化
□投稿者/ nakaiti 付き人(66回)-(2019/08/03(Sat) 23:21:50)
    まず固有値 1 が重複度 2 で固有値 2 が重複度 1 ということなので a=2,b=1 となることがわかります。正則行列 P を行ベクトルを使って P=(p1,p2,p3)^t と表すと A=P^{-1}JP の両辺に左から P をかけて
    (p1A,p2A,p3A)^t=PA=JP=(2p1,p2+p3,p3)
    を得ます。これを比べれば p1,p3 がそれぞれ固有値 2,1 に対する固有ベクトルであり、p2 は
    p2A=p2+p3
    を満たすベクトルであることがわかります。これらの関係式をもとに行列 P を求めればいいというのが基本的な考え方です。

    ただ、この p1,p2,p3 の求め方はすでに方法論があるのでそれも紹介しておきます。
    p1 は固有ベクトルなので求め方はわかると思います。
    一方、p2 に関する式を変形すると
    p2(A-E)=p3≠0
    となり p3 は固有値 1 に関する固有ベクトルなので
    p3(A-E)=0
    を満たします。つまり p2 は
    p2(A-E)^2=0 かつ p2(A-E)≠0
    となるものなので (A-E)^2 の核から (A-E) の核を除いたところから取ってきたベクトルを p2 とすればよく、このとき p3 は p3=p2(A-E) で定めればよいことがわかります。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49885 / ResNo.2)  Re[2]: 目的の形への行列の三角化
□投稿者/ 鬼ちゃん 一般人(3回)-(2019/08/06(Tue) 13:02:25)
    なるほど、理解できました!
    丁寧にご説明して頂きありがとうございます!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■49018 / 親記事)  (削除)
□投稿者/ -(2019/02/11(Mon) 12:26:04)
    この記事は(投稿者)削除されました
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■49019 / ResNo.1)  Re[1]: 静岡大学数学について。
□投稿者/ 菩菩紙御炉 一般人(2回)-(2019/02/13(Wed) 01:25:08)
    マルチポスト先の
    ttps://oshiete.goo.ne.jp/qa/10971569.html
    に回答がある。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■49818 / ResNo.2)  Re[2]: 静岡大学数学について。
□投稿者/ コルム 一般人(3回)-(2019/07/26(Fri) 13:53:36)
    誰か詳しく教えていただけないでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター