数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal場合の数(2) | Nomal数的推理(2) | Nomal三角形の辺の長さ(6) | Nomal単位円と三角形(1) | Nomal1/xについて(2) | Nomal調べた確率がどれくらい信用できるかを求めたい(0) | Nomal命題の真偽(8) | Nomal期待値(13) | Nomal因数分解(2) | Nomal√の問題(2) | Nomal極形式(6) | Nomaltanと自然数(2) | Nomalα^52(2) | Nomal放物線の標準形(4) | Nomal循環小数(2) | Nomal四角形の辺の長さ(2) | Nomalコラッツ予想について(2) | Nomal三角形の角(3) | Nomal有理数と素数(1) | Nomal円と曲線(3) | Nomalフィボナッチ数列について。(0) | Nomal導関数の定義について(2) | Nomal楕円曲線(1) | Nomallog(1+x)<√x(4) | Nomal円と3次関数(4) | NomalΣと積分の交換(3) | Nomalcos(1)とtan(1/2)(2) | Nomal合成数(2) | Nomal積分について(2) | Nomal因数分解(4) | Nomal2次関数(1) | Nomal常用対数と桁数の関係(2) | Nomal(削除)(2) | Nomal行列を含む偏微分(0) | Nomalカタラン数(4) | Nomal無限級数(1) | Nomalスーパコピーvog.agvol.com/brand-70-c0.html ボーイロンドンブラドスパーピー(0) | Nomal大学数学 4次多項式 フェラーリの解法(0) | Nomalかんたんなフェルマーの最終定理の証明(19) | Nomal写像の問題です。(0) | Nomal離散数学 有向グラフの問題(0) | Nomal原始関数問題(1) | Nomal三角形と円の関係について(0) | Nomal|e^(icosθ)|、|e^(isinθ)|について(2) | Nomal大学数学 重積分(0) | Nomal簡単な論理式〜変な質問ですみませんが・・・(2) | Nomal割り算(1) | Nomal確率の問題です。大至急お願い致します(0) | Nomal整数解(7) | Nomal全ての 整数解 等(4) | Nomal完璧なのコピーbuytowe(0) | Nomal素数(1) | Nomal指数計算の練習(2) | Nomal微分積分(0) | Nomalテイラー展開(0) | Nomal合同式(1) | Nomalエルミート行列(0) | Nomal【大学数学】貨幣需要関数(0) | Nomal陰関数(0) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(6) | Nomal統計学(0) | Nomalベクトル空間(0) | Nomal複素数の三角不等式(引き算)(2) | Nomal微分の問題(0) | Nomal体積(1) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(z=x+rとおく方法)(1) | Nomal微分可能(2) | Nomalチェビシェフ 偏差値(0) | Nomal線形代数(1) | Nomal複素積分(2) | Nomalテイラー展開(2) | Nomal線形変換(1) | Nomal大学数学 線形代数 部分空間の証明(0) | Nomal証明問題(1) | Nomal一次結合と一次独立(0) | Nomal証明問題です(0) | Nomalz^5 = -1 を解く(2) | Nomal空間上の点(2) | Nomal複素関数の部分分数分解(4) | Nomal熱力学の本に出てくる式変形がわかりません。(0) | Nomalピタゴラス数の求め方(0) | Nomal二項定理を使ったピタゴラスの定理の証明(0) | Nomal二項定理を使ったフェルマーの最終定理の証明(0) | Nomal2次方程式(3) | Nomal数学A 図形の計算(0) | Nomalある式の微分における式変形について(2) | Nomal3次元空間の点(2) | Nomal線形代数」(0) | Nomal統計学の問題(0) | Nomal(削除)(3) | Nomal1/(z^2-1) を z = 1 でローラン展開する。(2) | Nomal無限等比級数について(2) | Nomalcosの不等式(2) | Nomal品質の服(0) | Nomal複素平面上の円(2) | Nomal積分の解き方について(0) | Nomal期待値(2) | Nomal3の個数(7) | Nomal複素数の関数(5) | Nomal分数関数の積分(2) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■48928 / 親記事)  有理数
□投稿者/ ぱりぴ 一般人(1回)-(2018/12/23(Sun) 13:04:14)
    0でない有理数qで
    (1/2)(q^2+1/q^2)
    が整数となるもの
    を教えて下さい
    (考え方も)
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■48929 / ResNo.1)  Re[1]: 有理数
□投稿者/ らすかる 一般人(4回)-(2018/12/23(Sun) 14:00:46)
    kを整数として
    (1/2)(q^2+1/q^2)=k
    q^2+1/q^2=2k
    q^2+2+1/q^2=2k+2
    (q+1/q)^2=2k+2
    q+1/q=±√(2k+2)
    √(2k+2)が有理数ならば√(2k+2)は整数(証明略)
    √(2k+2)=n(nは整数)とおくと
    q+1/q=n
    q^2-nq+1=0
    q={n±√(n^2-4)}/2
    n^2-4が平方数でなければならないのでn=±2(証明略)
    よってq={n±√(n^2-4)}/2からq=±1で
    最初の式に代入すると確かに整数1になる。
    従って答えはq=±1

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48932 / ResNo.2)  Re[2]: 有理数
□投稿者/ ぱりぴ 一般人(2回)-(2018/12/24(Mon) 09:27:22)
    有り難うございます
解決済み!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48905 / 親記事)  放物線と円
□投稿者/ 仙柳 一般人(1回)-(2018/11/21(Wed) 16:51:48)
    以下の問題の模範解答を教えていただけないでしょうか。
    素人が解答を作るとどうもキチッとしないものになってしまうので
    模範解答が知りたいと思っています。よろしくお願いします。

    問題
    kを正の定数とする。
    xy平面において放物線y=x^2と直線y=x+kで
    囲まれた領域に含まれる円の最大の半径を
    kで表せ。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■48930 / ResNo.1)  Re[1]: 放物線と円
□投稿者/ muturajcp 一般人(22回)-(2018/12/23(Sun) 20:33:15)
    kを正の定数とする.
    xy平面において放物線y=x^2と直線y=x+kで
    囲まれた領域に含まれる円の最大の半径をrとする
    円は直線y=x+kと1点で接する
    円は放物線と1点以上で接する
    接点以外の交点を持たない
    A=(1/2,1/4)とする
    (x,y)=Aの時,放物線の接線の傾きはy'=2x=1となる
    接線は直線y=x+kの傾き1と同じ平行になる
    法線は
    y=-x+(3/4)
    となる
    法線と直線y=x+kの交点をB=(x,y)とすると
    B=((3-4k)/8,(3+4k)/8)
    |AB|/2={(4k+1)√2}/16
    となる
    ABの中点をC(x,y)とすると
    C=((7-4k)/16,(4k+5)/16)
    だから中心C半径|CA|の円の方程式は
    {x-(7-4k)/16}^2+{y-(4k+5)/16}^2=(4k+1)^2/128
    (16x+4k-7)^2+(16y-4k-5)^2=2(4k+1)^2
    32x^2+4(4k-7)x+32y^2-4(4k+5)y-4k+9=0
    放物線との交点を(x,x^2)してy=x^2を代入すると
    (2x-1)^2{8(x+1/2)^2+7-4k}=0
    0<k≦7/4の時
    円と放物線の交点は接点Aだけとなるから
    最大半径は
    r={(4k+1)√2}/16

    k>7/4の時は
    円と放物線は2点で接して中心はy軸上にある
    x座標が正の方の接点をA=(a,a^2)とすると
    法線は
    y={-1/(2a)}x+a^2+(1/2)
    だから
    中心Cは
    C=(0,a^2+(1/2))
    |CA|=√{a^2+(1/4)}
    Cから直線y=x+kへの垂線
    y=-x+a^2+(1/2)
    とy=x+kの交点をB=(x,y)とすると
    B=(a^2/2-k/2+1/4,a^2/2+k/2+1/4)
    |BC|=|CA|だから
    (k/2-a^2/2-1/4)√2=√(a^2+1/4)
    (2a^2+1-2k)^2=8a^2+2
    (2a^2-2k-1)^2=8k+2
    a^2=[2k+1-√{2(4k+1)}]/2
    |BC|=[{√(4k+1)}-√2]/2

    0<k≦7/4の時
    r={(4k+1)√2}/16

    k>7/4の時は
    r=[{√(4k+1)}-√2]/2
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48875 / 親記事)  ベクトルについて。
□投稿者/ コルム 一般人(3回)-(2018/10/27(Sat) 18:37:44)
    各辺の長さが1で底面ABCDが正方形である四角錐O-ABCDがある。辺OBの中点をP、辺ODをt:(1-t) (0<t<1)に内分する点をQとし、平面APQと辺OCの交点 をRとする。 (1)↑ARを↑AP、↑AQ、tを用いて表せ。
    (2)四角形APRQの面積をtで表せ。
    教えていただけると幸いです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス16件(ResNo.12-16 表示)]
■48913 / ResNo.12)  Re[1]: ベクトルについて。
□投稿者/ コルム 一般人(9回)-(2018/12/11(Tue) 12:14:27)
    どうしてそうなるのか教えていただけないでしょうか?
    ここです。
    B点P'をAP'↑=2*AP↑を満たす点とすると
    ↑AR={t/(1+t)}↑AP'+{1/(1+t)}↑AQ
    だから
    点Rは線分P'Qを1:tに内分している

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48914 / ResNo.13)  Re[1]: ベクトルについて。
□投稿者/ コルム 一般人(10回)-(2018/12/11(Tue) 17:50:08)
    2が抜けているように思うのですが。教えていただけると幸いです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48915 / ResNo.14)  Re[2]: ベクトルについて。
□投稿者/ muturajcp 一般人(20回)-(2018/12/15(Sat) 11:12:24)
    Rは平面APQ上の点だから
    ↑AR=x↑AP+y↑AQ…(1)
    となるx,yがある
    PはOBの中点だから
    ↑AP=(1/2)(↑AO+↑AB)…(2)
    QはODをt:(1-t)に内分する点だから
    ↑AQ=(1-t)↑AO+t↑AD
    これと(2)を(1)に代入すると
    ↑AR=x(1/2)(↑AO+↑AB)+y{(1-t)↑AO+t↑AD}
    ↑AR=(x/2)(↑AO+↑AB)+(1-t)y↑AO+ty↑AD
    ↑AR=(x/2)↑AO+(x/2)↑AB+(1-t)y↑AO+ty↑AD
    ↑AR=(x/2)↑AO+(1-t)y↑AO+(x/2)↑AB+ty↑AD
    ↑AR={(x/2)+(1-t)y}↑AO+(x/2)↑AB+ty↑AD…(3)

    Rは直線OC上の点だから
    ↑AR=(1-z)↑AO+z↑AC
    となるzがある
    ↓↑AC=↑AB+↑ADだから
    ↑AR=(1-z)↑AO+z(↑AB+↑AD)
    ↑AR=(1-z)↑AO+z↑AB+z↑AD
    これと(3)から
    {(x/2)+(1-t)y}↑AO+(x/2)↑AB+ty↑AD=(1-z)↑AO+z↑AB+z↑AD
    ↑AO,↑AB,↑ADは1次独立だから
    ↑AOの係数が等しいから
    (x/2)+(1-t)y=1-z…(4)
    ↑ABの係数が等しいから
    x/2=z…(5)
    ↑ADの係数が等しいから
    ty=z
    これと(5)から
    x/2=yt
    ↓両辺に2をかけると
    x=2yt…(6)
    (5)を(4)に代入すると
    (x/2)+y(1-t)=1-x/2
    ↓両辺にx/2を加えると
    x+y(1-t)=1
    ↓これに(6)を代入すると
    2yt+y(1-t)=1
    y(2t+1-t)=1
    y(1+t)=1
    ↓両辺を1+tで割ると
    y=1/(1+t)…(7)
    ↓これを(6)に代入すると
    x=2t/(1+t)
    これと(7)を(1)に代入すると

    ↑AR={2t/(1+t)}↑AP+{1/(1+t)}↑AQ
    ↑AR={t/(1+t)}(2↑AP)+{1/(1+t)}↑AQ
    ↓これに↑AP'=2↑APを代入すると

    ↑AR={t/(1+t)}↑AP'+{1/(1+t)}↑AQ
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48916 / ResNo.15)  Re[2]: ベクトルについて。
□投稿者/ muturajcp 一般人(21回)-(2018/12/15(Sat) 21:51:28)
    (1)の答えの
    ↑AR={2t/(1+t)}↑AP+{1/(1+t)}↑AQ

    ↑AP'=2↑AP
    を代入すると
    ↑AR={t/(1+t)}↑AP'+{1/(1+t)}↑AQ
    となるので
    点Rは線分P'Qを1:tに内分している
1000×1000 => 250×250

m201810271837.jpg
/109KB
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48927 / ResNo.16)  Re[1]: ベクトルについて。
□投稿者/ コルム 一般人(12回)-(2018/12/23(Sun) 13:02:00)
    助かりました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-16]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48921 / 親記事)  数列の極限
□投稿者/ metro 一般人(1回)-(2018/12/22(Sat) 23:41:18)
    n≧0、p∈Nに対して、漸化式
    a[0] = α > 1、a[n+1] = {p/(p+1)}a[n] + 1/{(p+1)(a[n])^p}
    で与えられる数列{a[n]}を考える。
    この時lim[n→∞](a[n])はどうなるか。

    この問いが分かりません。教えてください。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■48925 / ResNo.1)  Re[1]: 数列の極限
□投稿者/ metro 一般人(2回)-(2018/12/23(Sun) 01:51:47)
    自己解決しました。ありがとうございました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■48917 / 親記事)  確率
□投稿者/ ペリー 一般人(1回)-(2018/12/21(Fri) 23:09:06)
    点Xが数直線上を1秒ごとに以下の規則に従って動く。
    規則:「点Xが原点にあれば1秒後に確率pで+1に移動し、確率1-pで-1へ移動する。
    点Xが原点になければ1秒後に確率1/2で今の点から+1だけ移動し、確率1/2で今の点から-1だけ移動する。」
    時刻0に点Xが原点を出発したときn秒後に点Xが原点にある確率を求めよ。

    教えて下さい。
    宜しくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス6件(ResNo.2-6 表示)]
■48919 / ResNo.2)  Re[2]: 確率
□投稿者/ ペリー 一般人(2回)-(2018/12/22(Sat) 22:57:11)
    有り難うございます。pが関係ないのは分かりましたが...
    でも狐につままれたような混乱したような感じです。

    関係ないかもしれませんが、教えてほしいです。
    動点|X|は位置が|x|の点だとします。つまり
    |X|が原点にあれば一秒後に必ず1に移動する。
    |X|が原点になければ1秒後に確率1/2で|x|+1へ、確率1/2で|x|-1へ移動する
    ものとしたとき、時刻0に原点を|X|が出発したときn秒後に|X|が原点にある確率
    を求めるのって、ま正直に考えると難しいですよね?
    原点に何回戻るか考慮しないといけないので...
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48920 / ResNo.3)  Re[3]: 確率
□投稿者/ らすかる 一般人(2回)-(2018/12/22(Sat) 23:35:30)
    多分難しいでしょうね。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48922 / ResNo.4)  Re[4]: 確率
□投稿者/ ペリー 一般人(3回)-(2018/12/23(Sun) 00:32:09)
    もとの問題をpのまま解いたのと同じくらいの難しさということですよね?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48923 / ResNo.5)  Re[5]: 確率
□投稿者/ らすかる 一般人(3回)-(2018/12/23(Sun) 00:42:03)
    解法が思いつかない状態なので、
    難しさが同程度かどうかはわかりません。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48924 / ResNo.6)  Re[6]: 確率
□投稿者/ ペリー 一般人(4回)-(2018/12/23(Sun) 01:04:43)
    いただいた回答があまりにも洗練されていて
    回答を頭も体も十分に理解したといいきれないのですが
    大変丁寧に教えていただき感謝しています。
    もう少し考えてみます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター