数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
New二重積分について(0) | New原点を中心とする単位円上の複素数(0) | UpDate幾何学(1) | UpDate論理式(3) | NewQ=10√KL をグラフにする(0) | Nomal二次方程式(2) | Nomal積と和が一致する自然数の組(4) | Nomalグラムシュミット(0) | Nomal大学数学(1) | Nomal共分散行列(0) | Nomal大学数学(0) | Nomal素数(6) | Nomal確率 統計の問題(0) | Nomalフェルマの小定理(1) | Nomal大学線形(0) | Nomal大学線形(0) | Nomal大学数学 4次多項式 フェラーリの解法(1) | Nomal漸化式(1) | Nomal最大公約数(0) | Nomal和の求め方がわかりません。(3) | Nomal業界最も人気(0) | Nomalベイズ更新について(0) | Nomal無限積分(2) | Nomal三角関数の極限(1) | Nomal極限(3) | Nomal約数(2) | Nomal約数(2) | Nomal順列組合せ〜区別するものしないもの(6) | Nomal場合の数(2) | Nomal数的推理(2) | Nomal三角形の辺の長さ(6) | Nomal単位円と三角形(1) | Nomal1/xについて(2) | Nomal調べた確率がどれくらい信用できるかを求めたい(0) | Nomal命題の真偽(8) | Nomal期待値(13) | Nomal因数分解(2) | Nomal√の問題(2) | Nomal極形式(6) | Nomaltanと自然数(2) | Nomalα^52(2) | Nomal放物線の標準形(4) | Nomal循環小数(2) | Nomal四角形の辺の長さ(2) | Nomalコラッツ予想について(2) | Nomal三角形の角(3) | Nomal有理数と素数(1) | Nomal円と曲線(3) | Nomalフィボナッチ数列について。(0) | Nomal導関数の定義について(2) | Nomal楕円曲線(1) | Nomallog(1+x)<√x(4) | Nomal円と3次関数(4) | NomalΣと積分の交換(3) | Nomalcos(1)とtan(1/2)(2) | Nomal合成数(2) | Nomal積分について(2) | Nomal因数分解(4) | Nomal2次関数(1) | Nomal常用対数と桁数の関係(2) | Nomal(削除)(2) | Nomal行列を含む偏微分(0) | Nomalカタラン数(4) | Nomal無限級数(1) | Nomalスーパコピーvog.agvol.com/brand-70-c0.html ボーイロンドンブラドスパーピー(0) | Nomalかんたんなフェルマーの最終定理の証明(19) | Nomal写像の問題です。(0) | Nomal離散数学 有向グラフの問題(0) | Nomal原始関数問題(1) | Nomal三角形と円の関係について(0) | Nomal|e^(icosθ)|、|e^(isinθ)|について(2) | Nomal大学数学 重積分(0) | Nomal簡単な論理式〜変な質問ですみませんが・・・(2) | Nomal割り算(1) | Nomal確率の問題です。大至急お願い致します(0) | Nomal整数解(7) | Nomal全ての 整数解 等(4) | Nomal完璧なのコピーbuytowe(0) | Nomal素数(1) | Nomal指数計算の練習(2) | Nomal微分積分(0) | Nomalテイラー展開(0) | Nomal合同式(1) | Nomalエルミート行列(0) | Nomal【大学数学】貨幣需要関数(0) | Nomal陰関数(0) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(6) | Nomal統計学(0) | Nomalベクトル空間(0) | Nomal複素数の三角不等式(引き算)(2) | Nomal微分の問題(0) | Nomal体積(1) | Nomalフェルマーの最終定理の証明(z=x+rとおく方法)(1) | Nomal微分可能(2) | Nomalチェビシェフ 偏差値(0) | Nomal線形代数(1) | Nomal複素積分(2) | Nomalテイラー展開(2) | Nomal線形変換(1) | Nomal大学数学 線形代数 部分空間の証明(0) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■50485 / 親記事)  統計学の問題
□投稿者/ くろ 一般人(1回)-(2020/08/30(Sun) 04:41:43)
    この問題がわかりません、教えてください
924×322 => 250×87

9D4CDF16-454F-44C0-BBAF-6FD651E4F620.jpeg
/23KB
引用返信/返信 [メール受信/ON]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50479 / 親記事)  (削除)
□投稿者/ -(2020/08/29(Sat) 12:05:53)
    この記事は(投稿者)削除されました
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■50480 / ResNo.1)  Re[1]: 自然対数 e について
□投稿者/ らすかる 一般人(10回)-(2020/08/29(Sat) 17:17:12)
    n=1のとき成り立たないと思います。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50481 / ResNo.2)  (削除)
□投稿者/ -(2020/08/29(Sat) 17:44:46)
    この記事は(投稿者)削除されました
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50483 / ResNo.3)  Re[3]: 自然対数 e について
□投稿者/ らすかる 一般人(11回)-(2020/08/29(Sat) 22:55:25)
    WolframAlphaでn=20まで計算したところ、n≧2では正の方から徐々に0に近づいていくようですので成り立ちそうではありますが、証明の方針が思い浮かびませんので(今のところ)証明できていません。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50476 / 親記事)  1/(z^2-1) を z = 1 でローラン展開する。
□投稿者/ Megumi 一般人(1回)-(2020/08/25(Tue) 20:18:57)
      1/(z^2-1) = 1/(z-1)*1/(z+1)
      1/(z+1) = 1/(z-1+2) = (1/2)( 1/(1+(z-1)/2) )
     ここからなんとかして 1/(z+1) を (z-1)^n で表したいのですが、行き詰まってしまいました。
     どうしたらいいでしょ?

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■50477 / ResNo.1)  Re[1]: 1/(z^2-1) を z = 1 でローラン展開する。
□投稿者/ WIZ 一般人(11回)-(2020/08/25(Tue) 21:32:11)
    1/(1+(z-1)/2) = 1-(z-1)/2+((z-1)/2)^2-((z-1)/2)^3+・・・ = Σ[k=0,∞]{(-(z-1)/2)^k}
    だから、
    1/(z^2-1) = (1/(z-1))(1/2)(1/(1+(z-1)/2)) = Σ[k=0,∞]{((1/2)^(k+1))((-1)^k)((z-1)^(k-1))}
    だと思います。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50478 / ResNo.2)  Re[2]: 1/(z^2-1) を z = 1 でローラン展開する。
□投稿者/ Megumi 一般人(2回)-(2020/08/25(Tue) 22:04:50)
     ありがとうございました。助かりました!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■50473 / 親記事)  無限等比級数について
□投稿者/ あすなろ 一般人(1回)-(2020/08/25(Tue) 11:45:35)
     変な質問ですみませんが、等比数列の和を教科書のスタイルと違って

       rS_[n] =   ar + ar^2 + ・・・・・・・ + ar^(n-1) + ar^n
       -S_[n] = a + ar + ar^2 + ・・・・・・・ + ar^(n-1)
      -----------------------------------------------------
      (r-1)S_[n] = ar^n - a = a(r^n-1)
      S_[n] = a(r^n-1)/(r-1)
         = ar^n/(r-1) - a/(r-1)

    としたときも、無限等比級数は |r| < 1 のとき
      - a/(r-1) = a/(1-r)
    に収束すると考えていいのですよね?

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■50474 / ResNo.1)  Re[1]: 無限等比級数について
□投稿者/ らすかる 一般人(9回)-(2020/08/25(Tue) 12:53:58)
    どのように導き出すかとは関係なくa(1-r)に収束します。
    もちろんそのように導き出しても問題ありません。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50475 / ResNo.2)  Re[2]: 無限等比級数について
□投稿者/ あすなろ 一般人(2回)-(2020/08/25(Tue) 19:41:14)
     回答まことにありがとうございました。安心しました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■50470 / 親記事)  cosの不等式
□投稿者/ 高校数学を忘れた人 一般人(1回)-(2020/08/23(Sun) 12:00:02)
    xが実数のとき
    |cos(x)|+|cos(2x)|+|cos(4x)|>1

    ってどうやって証明するのでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■50471 / ResNo.1)  Re[1]: cosの不等式
□投稿者/ らすかる 一般人(8回)-(2020/08/23(Sun) 13:55:27)
    f(x)=|cosx|, g(x)=|cos2x|, h(x)=|cos4x|とする。
    f(x)の周期はπ、g(x)の周期はπ/2、h(x)の周期はπ/4であり、
    f(π-x)=f(x), g(π-x)=g(x), h(π-x)=h(x)だから、
    0≦x≦π/2についてf(x)+g(x)+h(x)>1を言えば十分。
    また、g(π/2-x)=g(x), h(π/2-x)=h(x)であり
    f(x)は0≦x≦π/2で狭義減少だから、
    π/4≦x≦π/2についてf(x)+g(x)+h(x)>1を言えば十分。
    この範囲の符号はf(x)≧0, g(x)≦0,
    π/4≦x<3π/8でh(x)<0, 3π/8≦x≦π/2でh(x)≧0だから
    f(x)+g(x)+h(x)は
    π/4≦x<3π/8のとき f(x)+g(x)+h(x)=cosx-cos2x-cos4x
    3π/8≦x≦π/2のとき f(x)+g(x)+h(x)=cosx-cos2x+cos4x
    cosx=tとおくとcos2x=2t^2-1, cos4x=8t^4-8t^2+1だから
    π/4≦x<3π/8のとき f(x)+g(x)+h(x)=-8t^4+6t^2+t
    3π/8≦x≦π/2のとき f(x)+g(x)+h(x)=8t^4-10t^2+t+2

    π/4≦x<3π/8の場合
    cosxはπ/4≦x<3π/8で減少関数であり
    cos(π/4)=√2/2<3/4, cos(3π/8)=√(2-√2)/2>3/8なので3/8<t<3/4
    このとき
    f(x)+g(x)+h(x)=-8t^4+6t^2+t
    =(3/4-t){8(t-3/8)^3+15(t-3/8)^2+(51/8)(t-3/8)}+(91/64)(t-3/8)+543/512>1

    3π/8≦x≦π/2の場合
    cosxは3π/8≦x≦π/2で減少関数であり
    cos(3π/8)=√(2-√2)/2<2/5, cos(π/2)=0なので0≦t<2/5
    このとき
    f(x)+g(x)+h(x)=8t^4-10t^2+t+2
    =8(2/5-t)^2(5t+4)t/5+(2/5-t)(770t+311)/125+628/625>1

    従ってf(x)+g(x)+h(x)>1は常に成り立つ。

    # もう少しうまい方法がありそうな気がしますが、思いつきませんでした。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■50472 / ResNo.2)  Re[2]: cosの不等式
□投稿者/ 高校数学を忘れた人 一般人(2回)-(2020/08/23(Sun) 15:28:04)
    凄過ぎる解答をこんなにも早くありがとうございます。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター