数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明8(54) | Nomal統計学の問題です(0) | Nomal3の倍数(4) | Nomalラプラス方程式 境界条件(0) | Nomal対偶について(8) | Nomal偶数と奇数(8) | Nomalsinの関係(2) | Nomal2^(1/3)とωと√3(4) | Nomal supreme コート(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明7(101) | Nomal目的の形への行列の三角化(2) | Nomal3次関数について。(6) | Nomal(削除)(2) | Nomal等角写像の問題です。(2) | Nomal掲示板について。(1) | Nomalフェルマーの定理 RSA暗号(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明6(101) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomalグッチンコピー(0) | Nomal6次方程式(2) | Nomalベクトル解析 証明(0) | Nomal位相数学、位相空間(0) | Nomal実生活に活きる確率(0) | Nomalオイラーの公式 導関数の定義(2) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomal2階常微分方程式 (1) | Nomalオイラーの公式(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明5(101) | Nomal数学について。(1) | Nomal順列(4) | Nomal線形代数(1) | Nomal整数問題(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明4(101) | Nomal大小の比較(7) | Nomalシミュレーションについて(1) | Nomal期待値(2) | Nomal数学について。(1) | Nomalフーリエ変換の求め方(1) | Nomalisometric matrix,p-ノルムについて(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明3(76) | Nomald(cos^2θ)/dθ=と置けるような相似の図を見つけたいです!(0) | Nomal1/ cos^2θの微分を画像の図を用いて解きたい!(0) | Nomalラグランジュの剰余項(1) | Nomallog2とマクローリン展開についての証明(1) | Nomal極限を求める(大学数学)(1) | Nomal三角方程式(2) | Nomal確率密度(2) | Nomal方程式(2) | Nomal多項式の係数(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明2(101) | Nomal複素平面上の領域について(0) | Nomal数学検定について。(0) | Nomal複素解析(2) | Nomal定積分と体積(1) | Nomal極限値(3) | Nomal複素解析(7) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明(101) | Nomal高校推論の問題(1) | Nomal漸化式の項を減らす(4) | Nomalカーリングの7試合とは(4) | Nomal(削除)(3) | Nomalたぶん三角関数の等式(6) | Nomal確率、期待値の計算(0) | Nomal数学オリンピックの幾何の問題(2) | Nomal確率について。(1) | Nomal自然数の方程式(2) | Nomal単調増加数列(2) | Nomal数学について。(1) | Nomal平面図形について。(2) | Nomal平面図形について。(1) | Nomal確率について。(4) | Nomal確率について。(1) | Nomal確率について。(4) | Nomal確率について。(2) | Nomal統計について。(4) | Nomal整数解(1) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomal確率(2) | Nomal箱ひげ図(2) | Nomalベクトルについて。(2) | Nomal【緊急】中2数学の証明(2) | Nomalε-N論法を使った極限の証明(1) | Nomal偏微分・重積分(1) | Nomal複素解析学 留数計算(1) | Nomal数列について。(1) | Nomal数列について。(1) | Nomal数Aについて。(1) | Nomal線積分の問題(1) | Nomalベクトルについて。(7) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomalベクトルについて。(5) | Nomal数列について。(14) | Nomalベクトルについて。(3) | Nomal数列について。(2) | Nomal微分方程式の問題(3) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomal整数について。(1) | Nomal有理数(2) | Nomal放物線と円(1) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■48346 / 親記事)  自然数の謎
□投稿者/ ナイアガラ 一般人(1回)-(2017/09/01(Fri) 22:30:39)
    自然数m,n,m',n'が
    m+(m+n-1)(m+n-2)/2=m'+(m'+n'-1)(m'+n'-2)/2
    を満たしているならばm=m',n=n'である
    っていうのはどうして成り立つのでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■48347 / ResNo.1)  Re[1]: 自然数の謎
□投稿者/ らすかる 一般人(5回)-(2017/09/02(Sat) 01:28:28)
    {1},{2,3},{4,5,6},{7,8,9,10},…
    という群数列を考えると
    第k群のm番目(ただし1≦m≦k)は
    先頭からm+k(k-1)/2番目となる。
    k=m+n-1とおけば、第m+n-1群のm番目が先頭からm+(m+n-1)(m+n-2)/2番目。
    先頭から何番目かが決まれば第何群の何番目かは決まるので
    m+(m+n-1)(m+n-2)/2の値が決まるとm+n-1とmが一つに定まり、
    従ってmとnが唯一に決まる。
    よってm+(m+n-1)(m+n-2)/2=m'+(m'+n'-1)(m'+n'-2)/2ならばm=m',n=n'。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48351 / ResNo.2)  Re[2]: 自然数の謎
□投稿者/ ナイアガラ 一般人(2回)-(2017/09/02(Sat) 20:38:57)
    有り難うございます

    この群数列は自然数の集合NとN×Nの全単射になるということですか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48352 / ResNo.3)  Re[3]: 自然数の謎
□投稿者/ らすかる 一般人(7回)-(2017/09/03(Sun) 01:47:30)
    そういうことです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48353 / ResNo.4)  Re[4]: 自然数の謎
□投稿者/ ナイアガラ 一般人(3回)-(2017/09/09(Sat) 15:56:14)
    有り難うございます。
解決済み!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48349 / 親記事)  バルビエの定理証明
□投稿者/ コルム 一般人(3回)-(2017/09/02(Sat) 13:20:21)
    この定理を証明していただけないでしょうか?教えていただけると幸いです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■48350 / ResNo.1)  Re[1]: バルビエの定理証明
□投稿者/ らすかる 一般人(6回)-(2017/09/02(Sat) 15:05:36)
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48348 / 親記事)  三角形
□投稿者/ 親日派 一般人(1回)-(2017/09/02(Sat) 11:44:16)
    △ABCの内部に点Pをとり、APとBCの交点をD、BPとCAの交点をE、CPとABの交点をFとする。
    △PEF=x、△PFD=y、△PDE=zのとき、△ABCの面積をx,y,zで表してほしいです。
    よろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48336 / 親記事)  数列
□投稿者/ ダノッゾ 一般人(1回)-(2017/08/28(Mon) 23:21:53)
    a[0]=1, a[1]=1/6,
    a[n+1]=(a[n]+a[n-1])/6

    b[0]=2/3, b[1]=2/9,
    b[n+1]=(b[n]+b[n-1])/6 + (2/3)*a[n+1]

    b[n]をa[0]〜a[n]で表してほしいです。
    よろしくお願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス8件(ResNo.4-8 表示)]
■48340 / ResNo.4)  Re[4]: 数列
□投稿者/ ダノッゾ 一般人(3回)-(2017/08/30(Wed) 10:09:03)
    それは一般項を求めずに示すことはできるのでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48341 / ResNo.5)  Re[5]: 数列
□投稿者/ らすかる 一般人(3回)-(2017/08/30(Wed) 11:06:43)
    一般項を求めずに示す方法は思い付きません。私がもし
    「上の条件のもとでb[n]=(2/3)Σ[k=0〜n]a[k]a[n-k]であることを示せ」
    という問題を解くとしたら、一般項を求めずに示す方法を考えるよりも
    一般項を求めてしまった方が早そうなので、一般項を求めてから示します。
    ただし、他に条件があったり誘導問題があったりすればこの限りではありません。
    元の問題があるのでしたら、部分的に書くのではなく
    そのまま書いて頂いた方がよいかと思います。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48342 / ResNo.6)  Re[6]: 数列
□投稿者/ ダノッゾ 一般人(4回)-(2017/08/30(Wed) 15:42:02)
    座標平面で、点Pを次の規則で移動させていく。
    ----規則----
    1個のさいころを振り、出る目の数をtとして、
    t≦2ならばx軸の正方向にtだけ移動させ、
    t≧3ならばy軸の正方向に1だけ移動させる。
    ------------
    原点を出発したPが点(n,0)に到達する確率a[n]と、
    点(n,1)に到達する確率b[n]を求めよ。

    という問題の解説で、最後の行に補足的に
    (なお、b[n]=(2/3)Σ[k=0〜n]a[k]a[n-k])
    とだけ書いてあるのでどうやって導き出されたのか知りたかったのです。

    漸化式を使った解説なので漸化式から簡単に分かるのだろうと思ったのですが・・・
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48343 / ResNo.7)  Re[7]: 数列
□投稿者/ らすかる 一般人(4回)-(2017/08/30(Wed) 18:14:05)
    それは式の変形で出したものではないと思います。
    (以下、簡単のため「x軸の正方向」を「右」、「y軸の正方向」を「上」と書きます。)
    b[n]
    =「右に0移動して上に1移動して右にn移動する確率」
    +「右に1移動して上に1移動して右にn-1移動する確率」
    +「右に2移動して上に1移動して右にn-2移動する確率」
    +「右に3移動して上に1移動して右にn-3移動する確率」
    +・・・
    +「右にn移動して上に1移動して右に0移動する確率」
    =a[0]・(2/3)・a[n]
    +a[1]・(2/3)・a[n-1]
    +a[2]・(2/3)・a[n-2]
    +a[3]・(2/3)・a[n-3]
    +・・・
    +a[n]・(2/3)・a[0]
    =(2/3)Σ[k=0〜n]a[k]a[n-k]
    となりますね。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48344 / ResNo.8)  Re[8]: 数列
□投稿者/ ダノッゾ 一般人(5回)-(2017/08/30(Wed) 19:40:58)
    なんと、漸化式の変形ではなくて確率の話だったんですね。
    読解力が足りなかったみたいです。
    教えていただき有難うございました。
解決済み!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-8]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■48334 / 親記事)  整式について。
□投稿者/ コルム 一般人(2回)-(2017/08/15(Tue) 00:41:54)
    L(x)は、P(x)+Q(x)と共通因数G(x)をもつ。と、L(x)とP(x)+Q(x)は共通因数G(x)をもつ。の違いがわかりません。教えていただけると幸いです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター