数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalプログラミング言語BASIC言語について。(14) | Nomal統計/区画幅について(3) | Nomal2変数関数の極値条件(2) | Nomal素数生成法について(0) | Nomalsupreme 偽物(0) | Nomal合同式の計算(4) | Nomal縦曲線について(0) | Nomal銃曲線における計画高ついて(0) | Nomal測量学について(0) | Nomal訂正です(1) | Nomal対数の取り方、シグモイド、ロジスティック関数(0) | Nomal緩和曲線の開始位置と終了地点および途中の高さxについて(0) | Nomalf'(x) の増減の判定方法(3) | Nomal三角形と内接円について改(1) | Nomal三角形と内接円について。(1) | Nomal増減表の作り方(6) | Nomal4次関数(3) | Nomal約数を mod 13 で見る(1) | Nomal三葉曲線の長さについて(2) | Nomal自作問題(3) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明9(23) | Nomal(削除)(0) | Nomalケプラー方程式による惑星の会合計算(0) | Nomal追いかけ算 惑星会合時期(1) | Nomal担当者の時間割(2) | Nomal三次関数と長方形(4) | Nomal(削除)(0) | Nomal屑スレを下げるための問題(2) | Nomal3次関数について。(8) | Nomal必要十分条件の証明(3) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明8(74) | Nomal合コン(4) | Nomal基本的な確率(2) | Nomal同型写像(0) | Nomal正2n角形と確率(4) | Nomal中学生でも解けそうな入試問題001(1) | Nomalご教示ください(5) | Nomal階段行列の作り方(4) | Nomal統計学の問題です(0) | Nomal3の倍数(4) | Nomalラプラス方程式 境界条件(0) | Nomal対偶について(8) | Nomal偶数と奇数(8) | Nomalsinの関係(2) | Nomal2^(1/3)とωと√3(4) | Nomal supreme コート(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明7(101) | Nomal目的の形への行列の三角化(2) | Nomal(削除)(2) | Nomal等角写像の問題です。(2) | Nomal掲示板について。(1) | Nomalフェルマーの定理 RSA暗号(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明6(101) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomalグッチンコピー(0) | Nomal6次方程式(2) | Nomalベクトル解析 証明(0) | Nomal位相数学、位相空間(0) | Nomal実生活に活きる確率(0) | Nomalオイラーの公式 導関数の定義(2) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomal2階常微分方程式 (1) | Nomalオイラーの公式(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明5(101) | Nomal数学について。(1) | Nomal順列(4) | Nomal線形代数(1) | Nomal整数問題(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明4(101) | Nomal大小の比較(7) | Nomalシミュレーションについて(1) | Nomal期待値(2) | Nomal数学について。(1) | Nomalフーリエ変換の求め方(1) | Nomalisometric matrix,p-ノルムについて(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明3(76) | Nomald(cos^2θ)/dθ=と置けるような相似の図を見つけたいです!(0) | Nomal1/ cos^2θの微分を画像の図を用いて解きたい!(0) | Nomalラグランジュの剰余項(1) | Nomallog2とマクローリン展開についての証明(1) | Nomal極限を求める(大学数学)(1) | Nomal三角方程式(2) | Nomal確率密度(2) | Nomal方程式(2) | Nomal多項式の係数(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明2(101) | Nomal複素平面上の領域について(0) | Nomal数学検定について。(0) | Nomal複素解析(2) | Nomal定積分と体積(1) | Nomal極限値(3) | Nomal複素解析(7) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明(101) | Nomal高校推論の問題(1) | Nomal漸化式の項を減らす(4) | Nomalカーリングの7試合とは(4) | Nomal(削除)(3) | Nomalたぶん三角関数の等式(6) | Nomal確率、期待値の計算(0) | Nomal数学オリンピックの幾何の問題(2) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■48404 / 親記事)  円環
□投稿者/ ロードムービー 一般人(1回)-(2017/12/28(Thu) 04:02:42)
    xy平面で1≦x^2+y^2≦4かつa≦x≦a+1で表される領域の面積をS(a)とします。
    aが実数を動いたときのS(a)の最大値は何になりますか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■48405 / ResNo.1)  Re[1]: 円環
□投稿者/ らすかる 一般人(7回)-(2017/12/28(Thu) 04:49:29)
    自作問題ですか?
    y≧0の部分でx=bが円環を切る長さをT(b)とすると
    b≧0に対するT(b)は
    b=0のとき1
    0<b<1で増加
    b=1のとき√3
    1<b<2で減少
    b=2で0
    となりますので
    0<b<1でT(b)=T(b+1)となるとき
    S(b)が最大値になります。
    これを式にすると
    √(4-(a+1)^2)=√(4-a^2)-√(1-a^2)
    これを整理して
    3a^4+4a^3-20a^2-8a+12=0
    この適解は
    a=0.64937650279271053573542013931590976133167538436917…
    これを、積分で得た面積の式
    (a+1)√(3-2a-a^2)-a√(4-a^2)+a√(1-a^2)
    +4arcsin((a+1)/2)-4arcsin(a/2)+arcsin(a)-π/2
    に代入することにより
    S(a)=2.82301777887522403405247654637239676648465183078042…
    を得ます。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48415 / ResNo.2)  Re[2]: 円環
□投稿者/ ロードムービー 一般人(2回)-(2017/12/29(Fri) 11:05:42)
    有り難うございました!!
    東大後期の問題なのですが、どこをどう探しても答がなかったので助かりました!!
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48416 / ResNo.3)  Re[3]: 円環
□投稿者/ らすかる 一般人(13回)-(2017/12/29(Fri) 11:31:02)
    2017/12/29(Fri) 11:48:19 編集(投稿者)

    > 東大後期の問題

    ということは、数値解でなく解析的に書き表された解があるということですね?

    (追記)
    とりあえず a={√(26+2√7)-√7-1}/3 と書けますので
    厳密解も書けることは書けますね。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48401 / 親記事)  三角関数
□投稿者/ 餅入りお好み焼き 一般人(1回)-(2017/12/23(Sat) 11:29:30)
    aを実数の定数として、tを変数とする関数
    f(t)=sin(2t)+sin(t+a)
    のtが実数を動いたときの最大値をM(a)、最小値をm(a)とします。
    aが実数を動いたときのM(a)-m(a)の値域はどうなるのでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■48403 / ResNo.1)  Re[1]: 三角関数
□投稿者/ らすかる 一般人(6回)-(2017/12/27(Wed) 01:23:15)
    自作問題ですか?
    多分、
    M(0)-m(0)=√(414+66√33)/8≒3.52 が最大値
    M(π/4)-m(π/4)=25/8=3.125 が最小値
    となると思います。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48398 / 親記事)  微分
□投稿者/ 質問者 一般人(1回)-(2017/12/23(Sat) 00:48:26)
    問:f(x)は微分可、f(-x)=f(x)+x、f'(1)=1、f(1)=0を満たしている。次の値を求めよ。
    (1)f'(-1)

    解1
    f'(-x)=(f(x)+x)'
    =f'(x)+1
    f'(-1)=f'(1)+1
    =2

    解2
    f'(-1)=lim[h→0](f(-1+h)-f(-1))/h
    =lim[h→0](f(1-h)+(1-h)-f(1)-1)/h
    =lim[h→0][(f(1-h)-f(1))/h-1}
    =f'(1)-1
    =0

    解1と2ではどちらが正しいのでしょうか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■48399 / ResNo.1)  Re[1]: 微分
□投稿者/ らすかる 一般人(5回)-(2017/12/23(Sat) 02:54:36)
    どちらも間違っています。

    解1は1行目が誤りです。
    f(-x)=f(x)+x の両辺を微分すると
    f'(-x)・(-x)'=(f(x)+x)'
    ですから
    -f'(-x)=(f(x)+x)'=f'(x)+1
    となり
    f'(-x)=-f'(x)-1なので
    f'(-1)=-f'(1)-1=-2
    となります。

    解2は3行目から4行目への式変形が誤りです。
    lim[h→0]{(f(1-h)-f(1))/h-1}
    =lim[h→0]{(f(1+h)-f(1))/(-h)-1}
    =lim[h→0]{-(f(1+h)-f(1))/h-1}
    =-f'(1)-1
    =-2
    となります。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48400 / ResNo.2)  Re[2]: 微分
□投稿者/ 質問者 一般人(3回)-(2017/12/23(Sat) 10:18:13)
    とても納得しました。
    ありがとうございました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■48395 / 親記事)  √3 v.s. √-3
□投稿者/ そうだよな 一般人(1回)-(2017/12/21(Thu) 21:40:09)
    有理数係数の多項式f(x)とg(x)が存在して、
    √3=f(√-3)/g(√-3)
    となることはありますか?
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■48396 / ResNo.1)  Re[1]: √3 v.s. √-3
□投稿者/ らすかる 一般人(4回)-(2017/12/21(Thu) 22:37:21)
    ありません。
    f((√3)i)=a+b(√3)i, g((√3)i)=c+d(√3)i (a,b,c,dは有理数)
    となりますが、(√3)(c+d(√3)i)=a+b(√3)iからa=b=c=d=0となり不適です。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■48397 / ResNo.2)  Re[2]: √3 v.s. √-3
□投稿者/ そうだよな 一般人(2回)-(2017/12/22(Fri) 08:37:14)
    なるほど
    有難うございます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■48394 / 親記事)  多項式の解と係数
□投稿者/ ネットで見かけた問題 一般人(1回)-(2017/12/21(Thu) 19:44:33)
    教えて下さい。

    f(x)は係数がすべて整数であるような多項式で、恒等的には0でないとする。
    f(1)=0かつf(3)=0であるならば、f(x)の係数のうちに、-3以下のものがあることを証明せよ。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター