数学ナビゲーター掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■ 過去ログ検索の勧め⇒ここを読んでみてください
google検索

 
この掲示板の過去ログをgoogleで検索します。
検索条件:
現在のログを検索過去のログを検索
■ 2006/2/20より、累計:、本日:、昨日:
数式の記述方法
TeX入力ができます。 \[ TeX形式数式 \] あるいは,$ TeX形式数式 $ で数式を記述します。
 TeX形式数式には半角英数字のみです。詳しくは、ここを見てください。文字化けが発生したときはここを見てください。
■ 質問をする方は、回答者に失礼のないようにお願いします。
携帯電話でこの掲示板を見れるようにしました。⇒ここを見てください。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明8(54) | Nomal統計学の問題です(0) | Nomal3の倍数(4) | Nomalラプラス方程式 境界条件(0) | Nomal対偶について(8) | Nomal偶数と奇数(8) | Nomalsinの関係(2) | Nomal2^(1/3)とωと√3(4) | Nomal supreme コート(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明7(101) | Nomal目的の形への行列の三角化(2) | Nomal3次関数について。(6) | Nomal(削除)(2) | Nomal等角写像の問題です。(2) | Nomal掲示板について。(1) | Nomalフェルマーの定理 RSA暗号(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明6(101) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomalグッチンコピー(0) | Nomal6次方程式(2) | Nomalベクトル解析 証明(0) | Nomal位相数学、位相空間(0) | Nomal実生活に活きる確率(0) | Nomalオイラーの公式 導関数の定義(2) | Nomalオイラーの公式(3) | Nomal2階常微分方程式 (1) | Nomalオイラーの公式(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明5(101) | Nomal数学について。(1) | Nomal順列(4) | Nomal線形代数(1) | Nomal整数問題(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明4(101) | Nomal大小の比較(7) | Nomalシミュレーションについて(1) | Nomal期待値(2) | Nomal数学について。(1) | Nomalフーリエ変換の求め方(1) | Nomalisometric matrix,p-ノルムについて(0) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明3(76) | Nomald(cos^2θ)/dθ=と置けるような相似の図を見つけたいです!(0) | Nomal1/ cos^2θの微分を画像の図を用いて解きたい!(0) | Nomalラグランジュの剰余項(1) | Nomallog2とマクローリン展開についての証明(1) | Nomal極限を求める(大学数学)(1) | Nomal三角方程式(2) | Nomal確率密度(2) | Nomal方程式(2) | Nomal多項式の係数(1) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明2(101) | Nomal複素平面上の領域について(0) | Nomal数学検定について。(0) | Nomal複素解析(2) | Nomal定積分と体積(1) | Nomal極限値(3) | Nomal複素解析(7) | Nomalフェルマーの最終定理の簡単な証明(101) | Nomal高校推論の問題(1) | Nomal漸化式の項を減らす(4) | Nomalカーリングの7試合とは(4) | Nomal(削除)(3) | Nomalたぶん三角関数の等式(6) | Nomal確率、期待値の計算(0) | Nomal数学オリンピックの幾何の問題(2) | Nomal確率について。(1) | Nomal自然数の方程式(2) | Nomal単調増加数列(2) | Nomal数学について。(1) | Nomal平面図形について。(2) | Nomal平面図形について。(1) | Nomal確率について。(4) | Nomal確率について。(1) | Nomal確率について。(4) | Nomal確率について。(2) | Nomal統計について。(4) | Nomal整数解(1) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomal確率(2) | Nomal箱ひげ図(2) | Nomalベクトルについて。(2) | Nomal【緊急】中2数学の証明(2) | Nomalε-N論法を使った極限の証明(1) | Nomal偏微分・重積分(1) | Nomal複素解析学 留数計算(1) | Nomal数列について。(1) | Nomal数列について。(1) | Nomal数Aについて。(1) | Nomal線積分の問題(1) | Nomalベクトルについて。(7) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomalベクトルについて。(5) | Nomal数列について。(14) | Nomalベクトルについて。(3) | Nomal数列について。(2) | Nomal微分方程式の問題(3) | Nomalベクトルについて。(1) | Nomal整数について。(1) | Nomal有理数(2) | Nomal放物線と円(1) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■47203 / 親記事)  逆元
□投稿者/ q 一般人(1回)-(2015/05/14(Thu) 20:53:47)
    Q[x]/<1 + 2 x + x^3>の元(1/2)*(1 - x + x^2)+(1 + 2 x + x^3)*Q[x] の 逆元 を お願いします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47195 / 親記事)  級数
□投稿者/ 解析勉強中 一般人(1回)-(2015/05/12(Tue) 10:49:49)
    {a_n}(n=1,2,3,...)は実数からなる数列で、次の条件をみたしています。
    条件 : Σ[n=1,∞](b_n)^2が収束するような任意の実数列{b_n}(n=1,2,3,...)に対してΣ[n=1,∞](a_n)*(b_n)が収束する。
    このときΣ[n=1,∞](a_n)^2が収束することの証明を教えて下さい。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■47199 / ResNo.1)  Re[1]: 級数
□投稿者/ ひよこ 一般人(7回)-(2015/05/13(Wed) 17:12:35)
    関数解析使って良いなら、一様有界性定理を使って示せると思います。

    上の有界線形汎関数を、

    で定める。ここで、の元です。

    さて、仮定を用いると、が示せます。

    あとは、一様有界性定理を使うと、が有界線形汎関数となっていることがわかります。

    一方、の作り方から、

    となっているので、の有界性から結論が得られます。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47201 / ResNo.2)  Re[2]: 級数
□投稿者/ 解析勉強中 一般人(2回)-(2015/05/14(Thu) 12:57:01)
    理解しました。
    ありがとうございました。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47200 / 親記事)  よくある問
□投稿者/ サクランボ 一般人(1回)-(2015/05/13(Wed) 22:57:47)
    1/(1+7^(1/2) + 5^(1/3) + 3^(1/5)) の分母の有理化を お願いします。

引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■47197 / 親記事)  整数解
□投稿者/ Z 一般人(13回)-(2015/05/12(Tue) 17:06:19)
    x^6-14 x^5-7 x^4 y+101 x^4-2 x^3 y^2+68 x^3 y-426 x^3+12 x^2 y^2-240 x^2 y+1012 x^2-2 x y^3-6 x y^2+314 x y-1186 x+y^4-8 y^3+34 y^2-208 y+581=0

    の 格子点をおねがいします。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■47175 / 親記事)  平方数
□投稿者/ 平方数とは 一般人(1回)-(2015/05/09(Sat) 12:15:09)
    1以上9以下の整数a,bと正の整数nで、a*10^n+bが平方数となるものを教えて下さい。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■47180 / ResNo.1)  Re[1]: 平方数
□投稿者/ らすかる 大御所(320回)-(2015/05/10(Sun) 01:15:31)
    2015/05/10(Sun) 01:28:11 編集(投稿者)

    n≧4とします。
    m^2≡0,1(mod4)ですから
    m^2がa0000…0002,a0000…0003,a0000…0006,a0000…0007となることはありません。
    a0000…0005は素因数5をちょうど1個持ちますので、
    m^2がa0000…0005となることはありません。
    a0000…0008は素因数2をちょうど3個持ちますので、
    m^2がa0000…0008となることはありません。
    残る可能性はb=1,4,9です。

    m^2=a0000…0004のときm≡2(mod4)ですから
    m=4k+2とおくとm^2=16k(k+1)+4
    16k(k+1)がa0000…0000とならなければいけませんので
    kかk+1のどちらかが5^nで割り切れ、
    kかk+1のどちらかが2^(n-4)で割り切れ、
    k(k+1)を2^(n-4)・5^nで割った商が1〜9でなければなりません。
    よってkとk+1は一方が2^(n-4)に1桁の自然数を掛けた値、
    他方が5^nに1桁の自然数を掛けた値です。
    しかし近い値では(2の素因数の個数)>(5の素因数の個数)ですから
    kとk+1がそのような値になることはありません。
    従ってm^2=a0000…0004となることもありません。

    m^2=a0000…0001のときm≡1(mod2)ですから
    m=2k+1とおくとm^2=4k(k+1)+1
    4k(k+1)がa0000…0000とならなければいけませんので、
    kとk+1は一方が2^(n-2)に1桁の自然数を掛けた値、
    他方が5^nに1桁の自然数を掛けた値となり、上と同様にあり得ません。

    m^2=a0000…0009のときm≡1(mod2)ですから
    m=2k+3とおくとm^2=4k(k+3)+9
    4k(k+3)がa0000…0000とならなければいけませんので、
    kとk+3は一方が2^(n-2)に1桁の自然数を掛けた値、
    他方が5^nに1桁の自然数を掛けた値となり、上と同様にあり得ません。
    従ってb=1,4,9もあり得ませんので、n≧4でa*10^n+bが平方数となることはありません。

    よってn<4の組合せをすべて確かめることにより、
    (a,b,n)=(1,6,1),(2,5,1),(3,6,1),(4,9,1),(6,4,1),(8,1,1)
    が全解とわかります。

    補足
    「近い値では(2の素因数の個数)>(5の素因数の個数)ですから」というのは
    5^4=625以上の5の累乗数と比較して10倍以内の違いしかない2の累乗数の方が
    素因数の個数が多い、という意味です。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]
■47193 / ResNo.2)  Re[2]: 平方数
□投稿者/ 平方数とは 一般人(2回)-(2015/05/11(Mon) 21:35:15)
    有難うございます。
    分かり易かったです。
引用返信/返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
Edit By 数学ナビゲーター